武田薬品と第一三共を分析する

新薬特許切れと後発薬メーカー買収の影響は?

製薬業界としても、結局、医薬品を使ってくれるのは医師たちですから、診療報酬を減らすことを主張すると、大きな問題が生じます。かといって薬剤費があまりにも減ってしまいますと、自分たちの利益が減ってしまいます。痛し痒しの部分があるのです。

およそ10年後には、一学年240万人ほどいる団塊世代が後期高齢者になります。このままでは医療費が急増することは間違いありません。膨大な財政赤字を抱える日本が、医療費の問題をどのように乗り越えていくかは喫緊の課題なのです。

その中で、日本の医薬品市場や医療サービス市場には、TPPなどの動き次第では、急速に外資が参入してくる可能性もあります。そこで日本の製薬会社たちがどのように生き残っていくのかという点も、一つの大きな注目点になるでしょう。

これまでは安定的に業績を伸ばしてきた製薬会社ですが、今後は激変する可能性もあるということです。そこで、どのような戦略をとっていくのか。武田薬品のように海外に活路を見出すという手もあります。

そして、日本の薬品は品質も信頼性も高いですから、新興国市場を開拓していける可能性は十分あるでしょう。ただし日本国内では、医療費は増えていく一方で、医薬品の単価は下げざるを得なくなってきます。後発品への依存も高めざるを得ません。こうした状況を踏まえ、各社がどのように動いていくのかという点に、私は注目しています。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT