武田薬品と第一三共を分析する

新薬特許切れと後発薬メーカー買収の影響は?

もう少し詳しく見てみましょう。セグメント情報(42ページ)から、第一三共グループとランバクシーグループそれぞれの業績を調べますと、やはりランバクシーグループのセグメント利益が大きく落ち込んでいることが分かります。前の期は163億円の黒字でしたが、この期は153億円の赤字を計上しているのです。

これは、米国から排除されてしまったことが大きな要因です。米国市場を開拓していくためにランバクシーを買収したものの、その期待が大きく外れてしまったというわけです。

逆にいえば、ランバクシーグループを連結対象から外してしまえば、第一三共全体の利益は大きくなるということです。今期の連結決算ではランバクシーを外しますから、その分、利益が回復すると見込まれています。今期の連結業績予想によると、営業利益は7.6%増の1200億円、最終利益は28.0%増の780億円になるとのことです。

貸借対照表(28~29ページ)から自己資本比率を計算しますと、54.3%。武田薬品と同じく、非常に高い水準になっています。

薬剤費と診療報酬の綱引きが起こる

今後、日本は高齢化がますます進んでいきますから、医薬品市場は拡大していくと思われます。ただしその一方で、政府は全体の医療費を抑制したいと考えています。日本の医療費はもうすぐ40兆円に達する規模であり、これからも確実に膨らみ続けていくからです。

そこで何が起こるかといいますと、診療報酬と薬剤費による医療費の取り合いです。薬剤費が上がれば診療報酬を減らさざるを得ないですし、逆に診療報酬を増やすと薬剤費を減らさなければなりません。医師会の力が強い中、こうした綱引きによって医薬品市場がどのように移り変わっていくかという点は、大きなポイントになるでしょう。

次ページ医薬業界の課題とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT