子どもの「ネガティブ発言」否定してはいけない訳

どんな声かけが強い心を育むことにつながるか

(写真:Pangaea / PIXTA)  
「なんでできないの? 」
「そうやってやる気がないからダメなんだ」
「そんなクヨクヨしないの! 」
“ストレスに弱い"“自信がない"“すぐあきらめる"――。子どもにそんな様子が見られると、ついついこんな言葉をかけてしまいがち。
逆境に負けず、心の強い子どもに育てるには、いま注目のキーワードである“レジリエンス(立ち直れる力、逆境を乗り越える力)"を鍛えることが必須です。そして、このレジリエンスは、子どもを批判したり、非難する言葉では育たないのです。
新著『子どもの心を強くする すごい声かけ』では、毎日の子どもへの声かけで、レジリエンスをはぐくむ秘訣が紹介されています。本稿では、同書から一部を抜粋しお届けします。

ネガティブ感情は否定しないで受け止める

親であれば、子どもにはいつでも明るく、幸せな気持ちでいてほしいと願うものです。そのために、ある日子どもが悲しみや怒りの気持ちを態度や言葉にあらわしてきたとき、ついついそれを否定するようなことを言ったり、子どもの気を紛らわそうとしたりしてしまいます。ときには、叱りつけてしまうことさえあるかもしれません。

しかし、実は困難や逆境に直面して、子どもがネガティブな感情を抱いたときこそ、強くしなやかな心を育てるうえで重要なターニングポイント。このときに、子どもが抱いたネガティブ感情を否定せず、親としてどう受け止め、どう声かけをするか? 

それによって、その後の子どものレジリエンスに大きな差が生まれます。
では、このネガティブ感情をどう受け止め、どんな声かけをすれば心を強くはぐくむことにつながるのか、お伝えしていきましょう。

次ページ見逃しがちな子どもの「気持ちの成長」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT