iPhoneがついに「マスク時のロック解除」に対応

eSIMとのデュアルSIM利用時でも「5G」が有効に

iOS 14.5のアップデートで新たに追加された機能とは?(筆者撮影)

4月27日に、iOS 14.5の配信が始まった。わずか0.1のバージョンアップだが、iOS 14.5には注目すべき機能が多く、すぐにアップデートしたくなる。中でも大きいのは、Apple Watch接続時に顔認証なしでロック解除できる機能や、4月30日発売のAirTagへの対応だ。どちらもアクセサリーが必要になるため、iPhone単体では変化がないものの、利便性が大きく向上する。

この連載の一覧はこちら

上記2つ以外では、eSIM利用時の機能の向上やアプリがユーザーを追跡する際の同意の必須化、絵文字の追加などが、主なアップデートの中身だ。特にeSIMは、iPhoneをデュアルSIMで使っている人にとって、うれしいアップデートと言える。そんなiOS 14.5の新機能を使いこなすためのテクニックを紹介していきたい。

マスク着用時に顔認証をスキップできる

コロナ禍でマスクを着用する機会が増えた結果、iPhoneのFace IDが不便になってしまった。セキュリティの高さを保つために、原則として、マスク着用のままの顔は登録できないからだ。マスクを着けたままだと、iPhone側に“別人”と見なされ、画面のロックが解除されない。2020年5月に配信が始まったiOS 13.5では、マスクを着用していると判別されたときだけ、すぐにパスコード入力の画面が表示されるよう、操作が短縮されたが、あくまでパスコードを入力する必要があり、手間の多さは変わらなかった。

これを発展させたのが、iOS 14.5に搭載された新機能だ。iOS 14.5にアップデートしたFace ID対応のiPhoneでは、Apple Watch接続時で、かつマスクを着用している場合、Face IDの認証がキャンセルされたあと、自動的にロックが外れるようになった。つまり、マスク着用時のみ、Face IDでの認証も、パスコードの入力も不要になるというわけだ。

iOS、watchOSをそれぞれアップデートして、設定をオンにすると、マスク着用時でApple Watch装着時のみFace IDやパスコードでの認証が省略される(筆者撮影)

この機能を利用するには、iOS 14.5のiPhone以外に、watchOS 7.4にアップデートされたSeries 3以降のApple Watchが必要になる。iPhoneとApple Watchの双方をアップデートしたあと、マスク着用時にパスコードなしでロック解除をするための設定もしなければならない。設定は、「設定」アプリから「Face IDとパスコード」を開き、パスコードを入力したあと、「○○○〇(ユーザーの名前)のApple Watch」をオンにするだけだ。ただし、Apple Watchを装着して通信可能な状態になっていないと、ボタンがオンにならない。

次ページAirTag対応で紛失物を簡単に探せる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT