メールで上司を安心させる、たった1文字の言葉

ちょっとした伝え方の工夫で「臨場感」が急上昇

たった1文字で、受け取る印象は様変わりする(写真:kouta/PIXTA)
雑談でも商談でもプレゼンでも、ダラダラと情報を羅列するだけでは誰も耳を傾けてくれません。
『王様のブランチ』『しゃべくり007』ほか数々の人気番組のディレクターを務めてきた本橋亜土氏によると、「相手を飽きさせずにグッと話に引き込んだり、強く印象付けたりするためには、『お?』『なんだろう?』と思わせる“引っかかり”を作ることが大切」といいます。

今回は、視聴者の注目を集めるためにテレビの制作現場で使われている“3つの言葉”の活用法を教えてもらいました。
※本稿は『ありふれた言葉が武器になる 伝え方の法則』より一部抜粋・編集したものです。

1文字を入れるだけで印象がガラリと変わる

明日締め切りの資料について、心配性の上司からチャットが届きました。

「あの資料、どうなってる?」

在宅勤務中のあなたは、こう返信しました。

「進めています。ご安心ください」

しばらくすると上司から「本当に大丈夫?」という確認の電話が……。忙しい中、あなたは15分も時間を取られてしまいました。あなたにも、こんな経験ありませんか?

さて、ここで問題です。

「進めています。ご安心ください」という返信に1文字足すだけで、上司から確認の電話がくる確率をグッと下げることができます。その1文字とはなんでしょうか?

次ページ答えは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT