メールで上司を安心させる、たった1文字の言葉 ちょっとした伝え方の工夫で「臨場感」が急上昇

拡大
縮小

答えは「今」です。次の2つを見比べてみてください。

・進めています。ご安心ください。
・今、進めています。ご安心ください。

「今」という1文字を入れるだけで、格段に臨場感が出ますよね。

上司に、「ちゃんとやってくれているな」という安心感を与えられるうえ、「邪魔しちゃいけないな」という心理も生まれます。

結果、確認の電話がかかってくる確率がグッと下がるわけです。

このように、物事の結果はちょっとした伝え方の工夫で劇的に変わります。

臨場感や躍動感、旬な感じを演出できる

もう1つ例を挙げましょう。人材派遣会社の広告コピーで比較してみます。

・弊社が取り組んでいるのは、企業を動かす人材の斡旋です。
・弊社が今取り組んでいるのは、企業の「今」を動かす人材の斡旋です。

より違いを顕著にするために、「今」を2カ所入れてみました。途端にイキイキとした印象になりましたよね? 活力ある企業という感じがします。

「企業を動かす」「企業の今を動かす」。過去を動かせるわけがないので、どちらの表現でも、動かすのは「今の会社」に決まっています。

冷静に考えると、「今」という字が入っても、入らなくても、この会社の業務内容はまったく変わりません。それなのに、あえて「今」をプラスするだけで、臨場感や躍動感、活力を感じさせることができるのです。

この便利な「今」という言葉。テレビ番組のナレーションでもよく使われています。入れるだけで、「話題になっている感」を簡単に出せるからです。

最新の情報を伝えなければならない、また情報が新しければ新しいほどバリューが高まるテレビ番組において、とても重宝する言葉なのです。

また、「今」という字は「話題として取り上げる理由」も作り出してくれます。

「今、○○なので、このネタを取り上げる必要がある」

このニュアンスを簡単に出すことができるので、プレゼンや営業、お願い事など、相手に強く訴求しなければならないときに重宝します。

ぜひ、「1文字」で伝わり方が変わる「今」の効果を試してみてください。

次ページ大したことのない情報に“箔”をつけるひと言
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT