メールで上司を安心させる、たった1文字の言葉

ちょっとした伝え方の工夫で「臨場感」が急上昇

たった1文字で、受け取る印象は様変わりする(写真:kouta/PIXTA)
雑談でも商談でもプレゼンでも、ダラダラと情報を羅列するだけでは誰も耳を傾けてくれません。
『王様のブランチ』『しゃべくり007』ほか数々の人気番組のディレクターを務めてきた本橋亜土氏によると、「相手を飽きさせずにグッと話に引き込んだり、強く印象付けたりするためには、『お?』『なんだろう?』と思わせる“引っかかり”を作ることが大切」といいます。

今回は、視聴者の注目を集めるためにテレビの制作現場で使われている“3つの言葉”の活用法を教えてもらいました。
※本稿は『ありふれた言葉が武器になる 伝え方の法則』より一部抜粋・編集したものです。

1文字を入れるだけで印象がガラリと変わる

明日締め切りの資料について、心配性の上司からチャットが届きました。

「あの資料、どうなってる?」

在宅勤務中のあなたは、こう返信しました。

「進めています。ご安心ください」

しばらくすると上司から「本当に大丈夫?」という確認の電話が……。忙しい中、あなたは15分も時間を取られてしまいました。あなたにも、こんな経験ありませんか?

さて、ここで問題です。

「進めています。ご安心ください」という返信に1文字足すだけで、上司から確認の電話がくる確率をグッと下げることができます。その1文字とはなんでしょうか?

次ページ答えは…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT