メールで上司を安心させる、たった1文字の言葉 ちょっとした伝え方の工夫で「臨場感」が急上昇

拡大
縮小
たった1文字で、受け取る印象は様変わりする(写真:kouta/PIXTA)
雑談でも商談でもプレゼンでも、ダラダラと情報を羅列するだけでは誰も耳を傾けてくれません。
『王様のブランチ』『しゃべくり007』ほか数々の人気番組のディレクターを務めてきた本橋亜土氏によると、「相手を飽きさせずにグッと話に引き込んだり、強く印象付けたりするためには、『お?』『なんだろう?』と思わせる“引っかかり”を作ることが大切」といいます。

今回は、視聴者の注目を集めるためにテレビの制作現場で使われている“3つの言葉”の活用法を教えてもらいました。
※本稿は『ありふれた言葉が武器になる 伝え方の法則』より一部抜粋・編集したものです。

1文字を入れるだけで印象がガラリと変わる

明日締め切りの資料について、心配性の上司からチャットが届きました。

「あの資料、どうなってる?」

在宅勤務中のあなたは、こう返信しました。

「進めています。ご安心ください」

しばらくすると上司から「本当に大丈夫?」という確認の電話が……。忙しい中、あなたは15分も時間を取られてしまいました。あなたにも、こんな経験ありませんか?

さて、ここで問題です。

「進めています。ご安心ください」という返信に1文字足すだけで、上司から確認の電話がくる確率をグッと下げることができます。その1文字とはなんでしょうか?

次ページ答えは…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT