「出社削減」その先に起こるオフィスの大変化

「5G」と「AI」が今後のオフィスづくりのカギに

コロナ禍をきっかけとしたテレワークの導入拡大で、オフィスのあり方を見直す動きが始まっています(写真:kazuma seki / iStock)

2020年暮れに本社オフィスを東京・汐留から浜松町近くの「東京ポートシティ竹芝」に移転したばかりのソフトバンクを訪問すると、オフィスフロアの3階ごとに配置された広々としたラウンジはガランとしたままで、人影は疎らだった。

「本社オフィスに登録している従業員は1万2000人だが、現在の出社率は15%。2000人しか来ていない状況だ」(総務本部グループ総務統括室グループオフィス戦略部部長・佐藤信秀氏)

ソフトバンク新本社のラウンジ(写真:筆者撮影)

ソフトバンクが本社移転を正式発表したのは、新型コロナウイルス感染症の拡大が始まる前の2019年1月。当初からコミュニティー型ワークスペースをグローバルに展開するWeWorkのオフィスデザインを取り入れて、オープンイノベーションを創出する「場」づくりを目指していた。

新オフィスのコンセプトは「Smart&Fun!」――。「従来は作業するだけのスペースだったが、新オフィスはコラボレーションのための空間にする」(佐藤氏)と、オフィス空間だけでなく、働き方をリ・デザインしようという取り組みだ。

コロナ禍で変わった働き方

ちょうど3年前に、筆者は『将来5割減?「オフィス」に迫り来る構造変化―不動産大手がベンチャー支援を始めるワケ』を執筆した。

デジタル化が遅れていた日本企業でも、モバイルやクラウドの導入が本格化し始めたことで、テレワーク環境がようやく整備され、テクノロジーを活用した働き方が広がっていくことが予想されたからだ。

ソフトバンクでも、旧オフィスでは登録人数の110%の座席を用意して、机がズラリと並べられた従来型のレイアウトだったが、新オフィスでは、空いている机を自由に利用するフリーアドレス制を導入した。

「実際に試してみないと必要な座席数は把握できない」として、当初は登録人数の70%の座席数でスタートしたが、5月に日比谷オフィスを引き払って1500人の営業部隊が新本社に合流するのに合わせて50%まで引き下げる予定だ。

「近くWeWorkジャパンの竹芝オフィスもオープンして、グループ会社が移転する。当面は出社率を抑えることになるが、コロナ禍が収束してもオフィスでの働き方は大きく変わる。オフィスのスマート化もまだ道半ばなので、自分たちがモルモットになって新しい取り組みを進めたい」

次ページアフターコロナを見据えたオフィスの見直し
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT