担任に不満の親に捧ぐ「モンペ化しない」対処法

誰に相談する?担任を変更してもらえる?

学校への相談の仕方を伝授します(写真:zon/PIXTA)
「学校の決まりに子どもが困っている」「先生の指導方法に疑問がある」といった悩みはあるものの、学校にどう相談すればいいのか、相談してきちんと対応してくれるのか、モンスターペアレント(モンペ)と言われないか、悩んでいる保護者が少なくありません。ではどうすればいいのでしょうか。今回は「子どもと合わない担任を変更してもらうことが可能なのか」という保護者から寄せられた質問について、くまゆうこ氏、小野田正利氏、鬼澤秀昌氏が回答します。
※本稿はくま氏、小野田氏、鬼澤氏の共著『学校あるあるトラブル18 保護者のお悩み解決します!』から一部抜粋・再構成したものです。

制度的には校長の裁量の範囲内

Q.担任と子どもが合いません。変更していただくことはできますか。
・どのレベルなら学校に相談すべきか迷います。とくに担任の言動が微妙と感じても、それを誰に伝えるの?というかんじです。クレーマーと思われる、それで子どもに害があることが不安で口をつぐんでしまいます。
・担任の顔が怖くて子どもが学校に行くのを嫌がっています。こうした事情はどのように解決すればいいでしょうか。
・低学年は特に先生の指導次第で精神面への影響が大きいのでベテランの方とか要望したいですが難しいですよね。
A.担任の変更は校長の裁量の範囲です。事情を相談してみましょう。

鬼澤:まず、制度的には、担任変更は「校長の裁量の範囲内」になりますので、校長がうんというか、です。

変えるということは、教員の配置が変わりますので、ほかの先生方も配置を動かさないといけません。校務分掌、が根拠になると思います(学校教育法施行規則第43条)。基本的に学校としては、1人の子が合わないという理由で、クラス全体が影響を及ぼすような対応はすべきではないという考え方だと思います。

担任の言動にかなりの問題がある場合は別ですが、うちの子が少し合わないという場合につきましては、裁量として認められるかと考えると、難しいのではないか、と考えます。

小野田:担任の顔が怖くて子どもが委縮しているというのは、笑い話ではなくけっこうある話です。実際に担任が変更される可能性は、学級崩壊状態になり収拾がつかない状態になったり、親御さんとのトラブルで精神的に追い詰められたりして、病気休暇をとる形となった、ということはいくつか聞きます。

長期間担任なしの学級の状態を続けるわけにはいきませんので、教育委員会に頼んで講師を回してもらうとか、校内人事でやりくりする方法がとられますが、最近はその余力がなくなってきた学校が多いので、緊急事態として教頭先生が担任を兼務することもまれではありません。

担任を変更してもらう、という要求がどこまでできるか、となると、それなりの根拠が必要ですよね。わいせつの事実を掴んでいるとか、ひどい暴言について記録をつける、などが必要です。そしてそうした事実があるのならば、速やかに要請するほうがよいです。

まずは「申し訳ないですが、うちの子が怖いと言っているのでなるべく優しい声掛けなどしてもらえるでしょうか?」などの相談から始めるとよいでしょう。

次ページ同じ区内で次に近い小学校に行ったケースも
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT