1本2億円も!過熱する「ウイスキー投資」の驚愕

拡大が続く市場、投資するファンドも登場

世界が注目する「イチローズモルト」を製造するベンチャーウイスキー社秩父蒸留所(写真:石阪友貴)
2010年ごろから続く世界的なウイスキーブームですが、最近のトレンドは大きく2つあります。新著『人生を豊かにしたい人のためのウイスキー』を上梓した、ウイスキー文化研究所代表でウイスキー評論家の土屋守氏が解説します。
前回:日本が世界5大ウイスキーに入った衝撃的理由

オークションで高額取引されるウイスキー

最近のウイスキー業界のトレンドの1つ目は、ウイスキー投資です。2019年8月に行われた香港ボナムズのオークションにおいて、埼玉を拠点とするベンチャーウイスキー社のイチローズモルトのカードシリーズ54本セットが約9750万円(719万2000香港ドル)で落札されました。

カードシリーズは、2005年から2014年にかけて順次発売されました。それぞれのボトルには異なる樽で熟成された原酒が瓶詰めされており、54本すべてがそろったフルセットは、世界に数セットほどしかないといわれています。とても貴重なものなのです。とはいえ、発売時の価格は1本平均で1万5000円、54本そろえても81万円です。それがおよそ120倍の価格で落札されたわけですから、出品者もさすがに驚いたのではないでしょうか。

また、2019年10月には、イギリスのサザビーズで60年物の「ザ・マッカラン」が約2億1750万円(150万英ポンド)で落札されました。このマッカランは1926年に蒸留されたのち、60年間シェリー樽で熟成されていたという代物です。同じ樽から瓶詰めされたものが30~40本あるといわれており、そのうちの12本が、1986年に1本100万円で販売されました。

当時発売されたものと、今回オークションに出品されたものとでは、ラベルなどに違いがあり、まったく同じものというわけではないのですが、中身は一緒です。100万円で売られていたものに、33年後に約216倍の値がつく――。夢のような話だと思いませんか。

次ページネットオークションやフリマに出品する人も
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT