アメリカの復活には「中国の脅威」が必要な理由 神話が支える「暫定協定」で分断や対立を超える

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小

佐藤:現在起きているのは、グローバリズムとトライバリズム(部族主義)によって、ネイションが引き裂かれる事態なのです。議会襲撃の直後、ワシントンの議事堂には州兵が入って警備する事態になりました。南北戦争以来のことと伝えられますが、あれはアメリカが分裂の危機に瀕した戦争でしたから、事の本質を表しています。「ナショナリズムを唱える者ならネイションを肯定するはずだ」という考えは、甘い幻想として捨て去らねばなりません。「反グローバリズムはトライバリズムへの道」が2020年代の真実です。

中野:確かに議会を襲撃した人たちの中には、部族の格好をした人もいましたね。まさにトライバリズムです。

佐藤:彼は「ジェイク・アンジェリ」を名乗る人物(本名ジェイコブ・A・チャンスリー)で、「Qアノンのシャーマン」とも呼ばれます。あの場には迷彩服を着て武装した人たちもいましたが、アンジェリのほうが注目を集めた。彼が象徴するトライバリズムこそ、トランプ支持者の本質だと見なされたのでしょう。

しかもアンジェリは「天使」の意。近代的・合理的な世界に、神話的・宗教的な世界が乱入したのです。私はちょうど、オンライン講座「自滅的改革が支持されるメカニズム」で、時代や社会は神話で動くと論じたところですが、きれいに裏書きしてくれましたね。

コンサバティブの利点

中野:もともと国民国家は非常に脆弱なものです。何か確固たる根拠のもと成り立っているのではなく、統合や分裂を繰り返し、たまたま現在のようになったというのが実情です。

中野 剛志(なかの たけし)/評論家。1971年、神奈川県生まれ。元・京都大学工学研究科大学院准教授。専門は政治経済思想。1996年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。2001年に同大学院より優等修士号、2005年に博士号を取得。2003年、論文‘Theorising Economic Nationalism’ (Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に山本七平賞奨励賞を受賞した『日本思想史新論』(ちくま新書)、『TPP亡国論』(集英社新書)、『富国と強兵』(東洋経済新報社)、『小林秀雄の政治学』(文春新書)などがある(撮影:尾形文繁)

イギリスを例にとると、4つの国からなる連合国ですが、明確な根拠があって1つになったわけではありません。さまざまな歴史的経緯の中で現在の形に落ち着いただけです。

そのため、「国民国家の根拠は何か」ということを争えば、無根拠性が暴かれ、バラバラになってしまいます。国内に複数のトライブ(部族)を抱えていれば、トライバリズムに向かっていき、社会が分裂する恐れもあります。そうした事態を避けるためには、国家の根拠を問うことをやめ、いまある国家秩序をひとまず受け入れるしかありません。

ハゾニーはこの問題を、「政府の哲学」と「政治秩序の哲学」という区分を用いて説明しています。「政府の哲学」とは、内部が統合されて安定した独立国家を前提とし、そのもとで政府の最良の形態を究明しようとする政治哲学のことです。例えば、リベラリズムは政府の最良の形態として自由の保障を求めるものですから、「政府の哲学」に当たります。

次ページ「政府の哲学」は安定した独立国家の存在を前提としている
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT