岸田総理が「改革」という言葉を使わなかった訳

世間は明らかに「新自由主義」に疲れきっている

岸田首相による「新しい資本主義」は実現できるのか(撮影:尾形文繁)
この記事の画像を見る(6枚)
第101代内閣総理大臣に選出された岸田文雄氏。自民党総裁選から総理選出後にかけて、これまでの新自由主義的路線を転換し、「新しい資本主義」の実現を訴えている。総選挙を与党勝利の形で終えた岸田首相に「新しい資本主義」実現は可能なのだろうか。
中野剛志(評論家)、佐藤健志(評論家・作家)、施光恒(九州大学大学院教授)、柴山桂太(京都大学大学院准教授)の気鋭の論客4名が読み解き、議論する「令和の新教養」シリーズに、今回は古川雄嗣氏(北海道教育大学旭川校准教授)も参加し、徹底討議。全3回の第1回をお届けする(第2回はこちら、第3回はこちら)。

岸田総理に戸惑うマスコミ

中野:第101代首相に岸田文雄氏が選出されました。一般に、政権発足直後の内閣支持率は高くなる傾向がありますが、岸田政権の支持率は伸び悩んでおり、世間からは地味で退屈な政権だと思われているようです。

これから世界で起きること、すでに起こっているにもかかわらず日本ではまだ認識が薄いテーマを、気鋭の論客が読み解き、議論します。この連載の記事一覧はこちら

しかし、私自身は非常に面白いというか、非常に画期的な内閣が誕生したと見ています。たとえば、岸田氏は自民党総裁選への出馬にあたって、「小泉改革以降の新自由主義的な政策を転換する」と言ってのけました。

また、総理になったあとの所信表明演説では、「改革」という言葉を一度も使いませんでした。岸田総理はフジテレビの番組でこの点について問われると、「『改革』という言葉には市場原理主義、弱肉強食など何か冷たいイメージがついていると感じている。私の所信表明演説には、冷たい改革ではなく、血の通った改革をしっかりやろうということを盛り込んだつもりだ」と答えていました。

小泉改革以降の新自由主義的政策を転換することは、ある意味でものすごい「改革」です。しかし、昨今の日本では、改革とは新自由主義政策を実施することを意味するので、あえて改革という言葉を避けたのだろうと思います。この辺りはさすがは政治家といった感じです。

この20年来、私はずっと新自由主義を批判してきましたが、ここで岸田総理が新自由主義を転換するのであれば、主張すべきことがなくなるので、やっと言論活動をやめられるとさえ思っています(笑)。

次ページ「改革」という言葉を使わなかったこと
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT