「自民苦戦?」テレビの出口調査が大外れだった訳 当日20時予想より自民は多く、立民は少なかった

拡大
縮小
衆院選テレビ特番、各局の「当日20時議席予想」と実際の結果はどうだったか?(写真:Noriko Hayashi/Bloomberg)

10月31日に行われた衆議院総選挙で、自民党は261議席と改選前の276議席から減らしたものの単独で絶対安定多数を確保した。

一方で共産党との「共闘体制」だった立憲民主党は改選前の110議席から96議席に後退した。

この選挙結果を、テレビ各局は「選挙特番」で大きく報じた。

その選挙特番で、各局が力を入れる「見せ場」のひとつが、20時ちょうどの「議席予想」である。投票が終了すると同時に、各政党が「議席をどれだけ獲得するか」を発表する。

「出口調査」に基づくこの予想は、各局の取材力・調査力が問われるポイントであり、この予想が実際の結果に近ければ、担当者は賞賛される。

選挙特番チームが力量を問われる重要場面

それゆえ「予想合戦」は、各局の選挙特番チームが、その力量を問われる重要な場面だ。

そして今回、テレビ各局が画面に大きく〝発表〟した自民党と立憲民主党の予想議席数は、以下の通りである(字数の都合で、ここでは2政党のみとさせていただく)。

日テレ(NNN) 自民 238     立民 114  
テレ朝(ANN) 自民 243     立民 113
TBS(JNN)  自民 239     立民 115
テレ東(TXN) 自民 240     立民 110
フジ(FNN)  自民 230     立民 130
NHK      自民 212~253  立民 99~141


 結果      自民 261     立民  96

すべての局が自民党を「少なく予想」して、立憲民主党を「多く予想」していた。

民放で自民党を最も多く予想したテレ朝でも「243」と、結果に対して「18議席」少なく見積もっていたのだ。また数値を特定せずに「幅を持たせた議席数」を出すNHKも、自民党の予想上限は「253」だった。「取りこぼしをしないのが最重要課題」であるNHKの〝幅をもたせた予想〟よりも実際は「8議席」多かった。

一方で立憲民主党の予想議席は各局とも110議席以上である。結果より「14議席以上」多く予想していた。

次ページテレビ各局の「議席予想」は大ハズレ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT