アメリカの復活には「中国の脅威」が必要な理由 神話が支える「暫定協定」で分断や対立を超える

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小

中野:アメリカだと、リンカーン像などが非常に神々しく作られていますね。また、ジョージ・ワシントンが子どものころに父親の桜の木を傷つけてしまったことを正直に告白した話が語り継がれています。あの話自体はつまらない訓話ですが、国をまとめるにはあの手の神話が必要なのでしょう。

:そうですね。歴史的に見ると、ネイションは30年戦争という宗教対立が終わったあとに台頭しました。当時のヨーロッパ人は神学論争やイデオロギー対立に疲れ果て、精神的安定を欲していました。そのため、イデオロギーや階級対立を超えて人々をまとめるネイションが求められたのです。ネイションが神話のようにフィクショナルなものだとしても、人々はどうしてもネイションを必要とするのです。

国民国家が生き延びる道とは

柴山:中野さんのおっしゃるとおり、国民国家はさまざまな歴史を経て現在の形になりました。私たちはそれを「暫定協定」として受け入れてきました。これに対して、いま起こっているのは、その歴史を道徳的な悪をたっぷり含んだものと考え、過去を断罪する運動です。

柴山 桂太(しばやま けいた)/京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。専門は経済思想。1974年、東京都生まれ。主な著書にグローバル化の終焉を予見した『静かなる大恐慌』(集英社新書)、エマニュエル・トッドらとの共著『グローバリズムが世界を滅ぼす』(文春新書)など多数(撮影:佐藤 雄治)

日本でもしばしば報道されているように、アメリカでは奴隷制度に関わった人物の銅像が次々に打ち倒されています。同様のことはイギリスでも起こっています。先日、イギリスのエディンバラ大学の留学から帰ってきた学生に聞いて驚いたのですが、エディンバラ大学にあった「デイヴィッド・ヒューム・タワー」の名前が変わったそうなのです。18世紀の哲学者ヒュームの名前を冠した大学の中心的な建物ですが、ヒュームがあるエッセイで黒人差別的な文章を書いたことがあったため、問題になったようです。

中野:実にばかげていますね。

柴山:ヒュームが活躍したのは、いまから200年以上前の話です。社会規範が今とはまったく違った。たとえそれが許しがたいことだったとしても、歴史とはそういうものだから、そこは与件として見なければならないはずです。

しかし、人権問題を重視する人たちは、そうは考えない。現代のリベラルな価値観を過去にも遡行的に適用しようとしている。もちろん、そうした反省に意味がないとはいいませんが、この流れでいくと、従来の「暫定協定」をそのままの形で維持することはできないでしょうね。

次ページ国民と国家をめぐる「新たな暫定協定」を
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT