「ワクチンはいつ届くのか」医療現場の悲痛な声

世界の中でなぜ日本は遅れをとっているのか

日本の新型コロナワクチン接種は世界に比べてなぜ遅れているのでしょうか。写真は4月1日、韓国・高陽市でのワクチン接種の様子(写真:ブルームバーグ)

ワクチンが医療従事者に届かない。4月半ばには高齢者への接種開始も予定されているというのに、本当に間に合うのか。それが今の日本の医療現場の素朴な、しかし切実な疑問だ。

厚労省の発表によれば、国内では4月2日までに109万6698回の接種が行われたという。医療従事者だけでも480万人いるというのに、単純計算でもいまだ4分の1しかカバーできていない(2回接種なので実際にはもっと少ない)。

ナビタスクリニックも順番待ちをしている医療機関の1つだ。新型コロナワクチン接種の実施機関として手を挙げ、PCR検査も行っており、スタッフへの接種は必須だ。だが行政からの連絡はまだない。皆丸腰で、日々診療を続けている。

世界中でワクチンの争奪戦が起きている

早くから懸念されていた通り、世界中で新型コロナワクチンの争奪戦が起きている。

英国NPOの統計サイト「Our World in Data」のデータ(3月27日付)によれば、世界全体ではこれまでに累計約5億4105万回の接種が行われた。内訳では上位からアメリカが約1.4億回、中国が約1億回、英国が約3302万回(3月26日時点)、ブラジル約1752万回、インドネシア約1043万回となっている。

世界に先駆けて英国で接種が開始されたのが昨年12月のこと。世界累計で2億回を超えたと報じられたのが、約2カ月半後の2月20日だった(AFP通信)。そこから1カ月余りで1.7倍以上の3.4億回が上乗せされたが、よくよく見れば米中英の3カ国で世界全体の半分のワクチンを打っていたというわけだ。

とはいえ、国によって人口も大きく違う。各国のワクチン確保の実情は、人口100人当たりの累計接種回数で見るほうががわかりやすい。実際、順位も大きく変わってくる。

断トツはイスラエルで、100人当たり約115回。2位はアラブ首長国連邦(UAE)の約80回、3位がチリで約50回。ようやく4位が英国で約49回(3月26日時点)、5位にアメリカの約41回となっている。続くブラジル、ロシア、中国は100人当たり10回以下となり、ここまでが世界平均の6.9回をかろうじて上回っている。

日本はどうかといえば、人口100人当たりわずか0.65回だ。

次ページ「上位3カ国」と何が違っていたのだろうか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT