4WDターボ「GRヤリス」の走りは本物なのか?

トヨタGRヤリスをターザン山田がぶった斬る!

高速道路でGRヤリスを試乗するターザン山田氏(東洋経済オンライン編集部撮影)

:高速道路で全開にしてみると、7000rpmまでパワーの落ち込みもなく、スムーズに加速してくれる。ただ、6000rpmあたりで少し早めにシフトアップしても加速性能が変わる感じはしない。それだけパワーバンドが広く、トルクがあるんだろうね。ラリーやサーキットなどのステージでも戦える実力を感じたよ。

1.6リッター3気筒ターボなので、ギアがクロスしているのかなと思ったけど、パワーバンドの広さでカバーしている印象だ。そのためワイドとは言えないまでも、適度なギヤ比で競技から街乗りまで扱いやすそうな印象を受けた。俺は、メカニックやエンジニアじゃないから細かいことまでわからないけど、新開発の3気筒エンジンやボールベアリングターボのマッチングと、技術力を感じることができた! 

3気筒にした意味は?その疑問を全開走行で確かめたい!

:ただ疑問なのは、WRCで4気筒エンジンを搭載しているんだから、GRヤリスも同じエンジンじゃダメだったのかなということ。また、エンジンは静かだけど、街乗りだと剛性感のあるボディや、カーボンやアルミなどの軽量パーツなどの影響で、振動感やゴツゴツ感が少し感じられた。50km/hくらいで街中を流すときに少し気になったかな。80km/hを超える高速道路では、ゴツゴツ感や振動感も少なく、気持ちよく走れたんだけど不思議だよね。空力や3気筒ターボエンジンの特徴なのかもしれないね!

というわけで、本格的に峠やサーキットを走りに行く前に、軽く街中でのフィーリングと、自分がヤリスに抱いていいたイメージと実際に調べたスペックについて素直に語らせてもらった。

:あいからわず真面目な車両解説&インプレありがとうございます(笑)。ただ、まだターザン山田がぶった斬るって感じじゃないですね?そのあたりは、峠&サーキットインプレを期待していますよ!

:もちろん!街乗りは、俺の本職じゃないから(笑)。そのあたりは、ジャーナリストの皆さんのほうが詳しいだろうし、俺は極限状態でのGRヤリスの性能をあぶり出したいよね。とくに4WDターボのチューンドは、レースやタイムアタックで嫌というほど乗ってきたから、そのあたりと比較しつつチェックしたいよね。あとはチューニングの可能性!今回の試乗車もライトチューン仕様だけど、その変化も探っていきたいよね。

:ということで、ターザン山田がGRヤリスをぶった斬る、次回は峠でのインプレッションに続く!

次回は、ワインディングロードでの試乗インプレッションをお届けする(東洋経済オンライン編集部撮影)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT