4WDターボ「GRヤリス」の走りは本物なのか?

トヨタGRヤリスをターザン山田がぶった斬る!

GRヤリスのサイドビュー(東洋経済オンライン編集部撮影)

:一般的に考えれば、5ドアのほうがボディサイズはもちろん、ホイールベースも長くなりそうなものだけど、GRヤリスのほうが圧倒的に大きい。このサイズの違いに自分は注目した。ホイールベースに関していえば、格上のGRスープラが2470mmなのに対し、GRヤリスが2560mmと90mmも長いことに驚いた。横幅、ホイールベース、全長、重量は、速く走るための空力や4WDに大きく影響を与えている。スペック面だけ見ても、ヤリスを進化させたクルマではなく、まったく別物ということがわかる。

:そうですね!真横から見ると、タイヤ&ホイールがボディ両端に配置されて、オーバーハングが極端に短いですよね。ちなみにトヨタのFRスポーツ「86」のホイールベースが2570mm、トレッド幅がフロント1520mm、リヤ1540mm。GRヤリスのホイールベースは2560mmで、トレッド幅がフロント1535mm、リヤ1565mmなので、トレッド幅もかなり広いですよね。これは安定感がありそう!コンパクトに見えるけど、じつはGRスープラや86と比べても大きいんですよね!よく見てますね(笑)。さすが!じゃあ、さっそく軽く街乗りから試乗をはじめましょう! 

ターザン山田、ストリートインプレション

GRヤリスを試乗するターザン山田氏(東洋経済オンライン編集部撮影)

:エンジンを始動すると、思った以上に静かでスポーツカー感はないね。メーターパネルや室内は、シンプルで機能的だけど高級感やスポーツ感は薄い。正直にいえば安っぽい印象だ。クラッチは、軽くて、つながりもスムーズなので、扱いやすいマニュアルミッション車といえるだろう。ゆっくり加速させると、本当に静かでブースト圧が立ち上がるまでは、普通の3気筒エンジンといった印象で特徴も少ない。良くも悪くも普通のクルマだ。

マニュアルミッションのフィーリングは、カッチリ感があり、剛性と強度はゆっくり走らせても感じられる。エンジンのレスポンスやトルク感も、ブースト圧をかけない街乗りでは、1.6リッターの3気筒NAエンジンといった感じで悪くはないけど、特別よくもない。だが、アクセルを踏み込んで、3000rpmあたりからパワー感、トルク感が増してくる。エキゾーストサウンドと連動して、期待どおりのエンジン性能を発揮してくれるね!

次ページ高速道路でGRヤリスの走りを斬る!
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT