4WDターボ「GRヤリス」の走りは本物なのか?

トヨタGRヤリスをターザン山田がぶった斬る!

試乗車のリヤビュー(東洋経済オンライン編集部撮影)

:いわゆるターボ車のベースグレードですね!ちなみにチューニング内容はどんな感じですか?

クスコ製サスペンションに変更され、少し車高が下がっている。そのほか、タイヤ&ホイールも変更。ブレーキパッドもウィンマックス製になる(東洋経済オンライン編集部撮影)

:今回の試乗車は、「ウィンマックス」ブランドでもおなじみ、ブレーキメーカー「MKカシヤマ」のデモカーを借りてきたよ。チューニング内容は、クスコ製の車高調整式サスペンションやフジツボ製のマフラー、ブリッド製のバケットシート、ウィンマックス製のブレーキパッド、ヨコハマ製のホイール&タイヤで、チューニングカーとしてはスタンダードな仕様だね。MKカシヤマのデモカーということで、レーシングデザインのカラーリングで見た目はかなり派手だよね!ただ、中身はいたって普通のライトチューンで、ユーザーでもすぐに真似できる仕様なのでご安心を!

:派手なカラーリングなんでレース車両かと思っちゃいましたよ。サスペンションにマフラー、ブレーキや足まわりというベーシックな内容なので、気になるユーザーも多そうですね。今回は、このMKカシヤマのデモカーで街乗りから峠、サーキットまで、ターザン山田が爆走しちゃうわけですね(笑)。

:その予定だよ!前回のフォレスター、そして前々回のレヴォーグと、「ターザン山田がぶった斬る」って企画なのに、「ぜんぜんぶった斬ってない(笑)」なんてコメントもあったようなので、今回は遠慮なく評価していきたいね!

:ぜひぜひ、レーシングドライバー視点できびしく評価してください!GRヤリスが速いのは当然、その先に踏み込んでもらいたいですね!

GRヤリスを開発してくれたトヨタに感謝

GRヤリスのエンジンルーム(東洋経済オンライン編集部撮影)

:レーシングドライバーはもちろん、マスタードライバー“モリゾウ”こと豊田章男社長の意見も取り入れて開発したという話を聞くと期待感が高まるよね。スポーツ性能を徹底的に追求して開発した市販車なんて、レーシングドライバーにとっては本当にうれしい存在だ。

:ちなみに3気筒ターボエンジンはどう思いますか?1.6リッターという排気量も気になるポイントですよね?

:以前にレンタカーで3気筒エンジンの「ヴィッツ」を借りたとき、調子の悪い、壊れかけのようなエンジンだったイメージがある。さすがにGRヤリスでそんなことはないと思うけど、ちょっと不安に感じるよね。コンパクトかつ軽量な3気筒ターボは、WRCで勝つことを目指した選択だと思うが、WRカーのようなパフォーマンスを見せてくれるのか不安もあるよね。

エンジン本体はノーマルながら、フジツボ製マフラーに交換して排気効率を高めている(東洋経済オンライン編集部撮影)
次ページターザン山田がスペックからGRヤリスを斬る!
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT