4WDターボ「GRヤリス」の走りは本物なのか?

トヨタGRヤリスをターザン山田がぶった斬る!

GRヤリスの正面(東洋経済オンライン編集部撮影)

:カタログによると、排気干渉がなく、ターボ効率がよく、中低速トルクが4気筒エンジンに比べてよいと書いてある。また、ボールベアリングターボを採用することで、低速トルクとエンジンレスポンスに優れ、耐久性も確保されているらしいね。

たしかにラリーやレースといったモータースポーツの世界では、パワーでけじゃ通用しない。レスポンスや低速トルクは必要不可欠な要素なんだ。しかし、排気量が小さいとパワーとトルクの両立が難しくなる。最高出力が272PSあっても、パワーバンドが狭ければ意味がない。そのあたりをレーシングドライバーという視点で見ていきたいよね。

1200kg台に抑えられた車重の軽さに注目!

:なるほど!そのほかに気になるところはありますか?

:スペックを見ていて感じたのは、車重の軽さだよね。272psというパワーや豊かな低中速トルク、鋭いレスポンスを活かすために、徹底的に軽量化しているよね。評判のよさも、軽量なボディあってこそだと思うよ。速いレーシングカーづくりでは、なにより軽量化が効果的だ。タイヤのパフォーマンスやエアロパーツによる空力性能、エンジン性能を最大限に引き出すには、車重が効いてくる。GRヤリスの4WDや3気筒ターボエンジンのよさを引き出している、最大の要因は軽さという武器にほかならない。WRカーのベース車両として、勝つために開発されたGRヤリスの本質的な価値は“軽さ”だと思うんだ。

:エンジンだけじゃなく、車重も含めたトータルバランスが重要ですよね!試乗前に少し具体的にGRヤリスの魅力を解説してもらえますか?

:今回の試乗車は、ターボ車のベースグレードにあたる“RZ”だ。見た目で注目したのは、ノーマルのヤリスとは異なるボディ。WRCで勝つためにつくられた最強の3ドアハッチバックボディだ。全長は、標準のヤリスが3940mmに対し、GRヤリスは3995mmと55mmも長い。ホイールベースも同様で、2550mmに対してGRヤリスは2560mmで、10mm長い設定だ。横幅は1695mmに対して、GRヤリスは1805mmで110mm幅広なのだ。

次ページ街乗りでGRヤリスの走りを斬る!
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT