SBホークスが「ファン目線の発信」に成功した訳

“ホークスと結婚した女"加藤和子の挑戦

自らもバスケットボール部でプレーしていたアスリートは、スポーツの興奮と感動を伝える仕事に魅了されたという。キャスターを務めた後も、球団が発行する月刊誌『月刊ホークス』のインタビュアーとして「現場に呼んでもらって、球場に行ったりしていたんです」。

球団側は、コンテンツの発信を強化しようとしていた。映像部門にも力を入れていこうとしていた中で、キャスターとしてインタビュー経験も豊富な加藤に白羽の矢が立った。

「不安8割、楽しみ2割でした」

「外から見ていた頃から、選手たちの頑張りとか、そういうところをもっと伝えられたらなと、最初はそういう思いが強かったんです。そこは、今も変わりませんけどね」

加藤は“メディアの制約”を感じていた。インタビューを収録する。話が弾んで、予定よりも長くなる。しかし、番組の尺の関係で編集されてしまう。そうしたもどかしさが募っていた。

伝え切れていない部分を、もっと伝えていきたい。そのためには“中”から、より選手に近い立場から発信していきたい。メディアの仕組みや内情がわかってきたからこそ、その衝動が抑えられなくなる。それでも、プロ野球はやはり男社会。2000年代序盤では、まだまだ女性職員の存在すらも珍しかった。

「正直、その中に入っていくというのは、不安8割、楽しみ2割でした」

加藤が任された「映像」を活用した発信にも前例がなければ、プロ野球球団に女性スタッフが入って、その女性が発信するという、過去のお手本すらもなかったのだ。

「女性というところで、現場に入っていくのは、そうとう周りからも『女の子だから』という見方はあったし、私もどこか、女性だからここには入れないとか、ここまでしかダメだろうとか、自分でもそうやって線を引いていました。やっぱり男社会に入っていくって、すごい勇気もいりますし、大変ですね、ホントに、これは」

カメラを持って、ベンチ裏に行く。選手のくつろいだ姿を写真に収め、それをHPで紹介する。

しかし、ロッカーやベンチ裏は、選手のリラックスエリアでもある。汗だらけのアンダーシャツを脱ぎ、上半身裸でうろつく大男たちが、ぞろぞろいる。時には、シャワー室へ向かうために、バスタオルだけを腰に巻いた選手だっている。そこに、若い女性がいる。選手だって、気を遣う。

「結構、年上の選手も多かったから『なんでいるんだ?』という雰囲気なんかを、自分でも感じていました。周りも気を遣いますよね。幸いだったのが、私も運動部出身だったので、大学の体育館とかトレーニング場とか、一歩歩けば、半裸の男の人がいたりとか、そういうのは結構あるので……。それで慣れている、というわけじゃないですけど、やっぱり抵抗を感じるわけじゃないですか」

球団のスタッフが、情報を発信する。オフショットの姿を伝える。そういうコンセプトが、まだ広まっていない頃だ。加藤のやろうとしていることへの理解も薄ければ、選手の中に、女性がうろちょろしているということへの違和感は、年齢層の高いベテラン選手や、首脳陣のほうが大きかったようだ。

次ページストレスで「帯状疱疹」になったことも
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT