SBホークスが「ファン目線の発信」に成功した訳

“ホークスと結婚した女"加藤和子の挑戦

なんで、女がいるんだ。そんな奇異のまなざしで見られ、ストレスで体調を崩した頃があって、今の“立ち位置”を見つけた。その優しい視線が、ファンにも受け入れられている。球団の公式ツイッターのフォロワーは100万人を超え、ホークスオフィシャルレポーターの肩書をつけたうえでの「加藤和子」のツイッターにも16万人を超えるフォロワーがいる。それだけの人たちが、試合前の円陣を見て気持ちを盛り上げ、試合後の勝利のハイタッチで、喜びを分かち合う。

ホークスと結婚した女

博多出身、九州を代表する漫才コンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸が、加藤の八面六臂の活躍ぶりに、こんな異名を贈ってくれたという。

「ホークスと結婚した女」

「どうなんでしょうね。イコールホークスというイメージがついているのは、すごくうれしいんです。褒め言葉のほうになるのかな?」

『稼ぐ! プロ野球 新時代のファンビジネス』(PHP研究所)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

まさしく“鷹一筋”。鷹ガールの姉御格ともいえる立場だからこそ、その姿に憧れる女性たちが増えている。「球団で働きたい」「加藤さんみたいな仕事につきたい」と相談してくる女性は、ひきを切らない。球団には、加藤宛のファンレターならぬ、人生相談の手紙が届けられるという。

「表向きには、ホークスをずっと好きでいてくれたら、なれると思いますよ、といった感じなんですけど。裏向きだったら? なんだろうな? この男社会を耐え抜ける人がいいのかな?」

前例がない道を、加藤は歩き続けてきた。その中でつかんだのは「ファン目線」を大事にすることだった。まるで、自分がその場にいるような感覚になる。

そう思わせるのは、カメラの角度や、テクニックではない。感動を、喜びを共にしたい──。加藤が選手と共有している喜びが、ファンにダイレクトに伝わるからだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT