SBホークスが「ファン目線の発信」に成功した訳

“ホークスと結婚した女"加藤和子の挑戦

あんなこと、やりやがって……ではなく、場を盛り上げ、みんなが笑顔になったことを、松田や川島が、大拍手で称賛する。そうした一体感あふれるシーンを、加藤も逃さず捉え、そして発信する。その“発信の意味”を十分に理解しているからこそ、選手も積極的に協力するのだ。

「楽と言えば、楽なのかな。そうやってわかってくれているということが、ファンも楽しいんですよね。自分たちに見せてくれているんだという気持ちにもなるし、私も撮るほうとして、見ているほうが楽しいと感じているのかな、というのは最近思いますね」

コロナ禍で増えた映像の使用依頼

ご意見番、円陣でむちゃぶり。そんな話題が、Yahoo!トピックスに取り上げられることも増えてきた。新聞やテレビのメディアは、それを見て、取材のきっかけにしたりする。テレビ局からは「あの映像、使わせていただけないでしょうか」と依頼がくる。

コロナ禍で、取材規制が厳しくなった2020年(令和2年)は、球団の公式ツイッター、インスタグラム、YouTubeでアップした映像の使用依頼が「とくに多かったですね」という。

そこには、ビジネスが発生する。そうした映像も、球団の収入につながるのだ。普段なら見られない。新聞やテレビでも伝えることができない“舞台裏”のシーンだからこそ、価値がある。よけいに見たくなるのが、ファン心理でもある。

「試合で見ている選手たちが頑張っている姿は、テレビで見られますけど、それ以前に練習をこんなふうにやっているとか、この人の性格はこんなふうなんですけど、こんなふうに頑張っているんですよ、みたいな、人となりを併せて見てほしいんです。それで選手を応援してくれたり、好きになってくれたりとなると、必然的にホークス全体を好きになってもらえるかなというので(いろいろな映像を)出しているというのがあったんです。

テレビをやっていた頃とか、インタビュー、下手くそだったんです。インタビューをする意味とかをわからずにやっていた部分がありました。スポーツ選手をインタビューするって、生ものだし、この人のことがわかっていないとできないな、っていうところがあります。この人のこういうところを伝えたいなとインタビューするようになってきて、私には野球の専門的なことは書いたりできないですけど、これでやっていけたら、というのはありますね」

次ページあの博多華丸が「ホークスと結婚した女」と命名
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT