SBホークスが「ファン目線の発信」に成功した訳

“ホークスと結婚した女"加藤和子の挑戦

加藤がハイタッチの映像を撮り始めたのは2011年(平成23年)ごろだったという。

「あまり表には出せないものだよな、とは思っていたんです。ただ、撮りだめてはいたんです」

これらを編集して、球団の公式ファンクラブ「クラブホークス」で、年末にプレゼントする「特典映像」としてDVDにまとめていたという。

そのプレミア感もさることながら、これが面白いという評判が立ち始めた。

「撮ってるけど、なんで出さないの?」

選手やチーム内からも、むしろ“公表”を後押しする声が出始めたのだ。

「せっかく勝った後の喜んでいるシーンとかが裏であるのに、なんかもったいないなと思って、その様子を撮っておこうかな、くらいの感じだったんです。自分がハイタッチに入るようになったときに、これ、ファン目線で、自分がハイタッチしている気分になったら、面白いよなと思いながら撮っていたんです」

ホークス名物「試合前の円陣」

こうした“舞台裏の映像”は、勝利後のハイタッチだけではない。ソフトバンクがスタートさせ、いまや他球団も追随しているのが、試合前の「円陣」の映像だ。ベテランの三塁手・松田宣浩。「マッチ」と呼ばれるムードメーカーが、音頭を取る。

「ご意見番(松田のこと)は、それをわかってやってくれているんです」

松田が、声を出す選手を指名する。その選手が、ひとネタ披露する。もちろん、試合前の大事な連絡事項や戦略に関する話もある。それが円陣の役割だ。

「その辺は全部、切って届けるんですけどね。届けちゃいけないところの部分は撮っていないですしね」

加藤と選手たちの間に、そうした暗黙の了解がある。だから、ここからはネタですよといわんばかりに、選手たちも思い切りはじけてくれるのだ。

「とくにマッチはですね、円陣だけじゃなくて、何かしらひとネタ、カメラを撮っていたらやってくれようとしますね。(川島)慶三さんもそうですけど、若い選手だけじゃなくて、そっちのベテランたちも、そうやってくれる。非常に助かっています」

松田と川島は、同じ1983年(昭和58年)生まれ。20代後半から30代前半のプレーヤーがレギュラーの中心となるこの世界で、彼らのような「ベテラン」が、先頭となってチームの空気を作り、そして積極的にファンサービスを行うのだ。

カメラの向こうで、ファンが見てくれている。

楽しさを、そして喜びを伝えたい。一緒に戦いましょう。僕らに力をください。

こうしたフレーズは、きれいごとに聞こえるかもしれない。しかし、選手たちとファンをつなぐ「メディア」の本義は、きっとそこにあるのだ。

「小久保(裕紀・現1軍ヘッドコーチ)さんが、いちばん声を出しながら練習していたということを、ムネ君(川﨑宗則・元マリナーズなど)が見ていて『俺も絶対にやんなきゃ』と声を出し始めて、それを見ていたマッチが声を出す。そういうホークスの“いい伝統”が受け継がれていったんだな、というのはありますね。この先、そういう選手が出てくるのかというところですけど、結構、今の子たちってドライだから『ああいう風にはなれないよね』って言っちゃいそうですけど」

加藤のような“伝える立場”からも、そういったチームの「強さの一端」を感じることがあるのだという。2020年(令和2年)、巨人を無傷の4連勝で破り、4年連続の日本一を達成した日本シリーズでも、MVPを獲得した24歳の栗原陵矢が、受賞インタビューのお立ち台で、ベンチからのリクエストに応え「元気百倍、アンパンマン!」の一発芸を披露する一幕があった。

次ページ「インタビュー、下手くそだったんです」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT