成果を出せない「コマドリ」組織の残念な思考

成功率の低い「トップダウンのゼロベース改革」

重要なのは、問題があるにもかかわらず、それをうまく回避している片隅の変人がいるという事実です。このような片隅の変人、すなわちPDを特定し、その行動特性を明らかにするのがPDアプローチと呼ばれるものです。これは「見えるはずなのに見えないもの」に気づくことがカギとなります。

そのためには、問題を顕在化させる構造に着目するのではなく、その構造を生み出す行動やメンタルモデル自体に焦点を当て、それをPD行動と比較することで違いを見出すことが求められます。構造自体を変革しようとするのがゼロベース改革です。それに対してPDアプローチは構造を生み出す原因に注目するのです。

コマドリとカササギ

ただし、PDの行動特性が明らかになったとしても、それを再びトップダウンで普及させようとすると失敗することになります。というのは、人間は強制されるとどうしても反発してしまう傾向があるからです。そうではなく、新たな行動が業績向上につながることが明らかになれば、自発的にそれを採用していくことになるでしょう。

この点で示唆的なのがコマドリとカササギの行動特性の違いです。コマドリは非常に縄張り意識が強く、比較的孤立して生息しています。その鳴き声は、主に自分の縄張りを主張しています。それとは対照的に、カササギは非常に社会的であり、そのために知性を活用します。

19世紀後半の英国では、酪農家は顧客の玄関前に置かれた容器にミルクを注いで配達していました。しかし、鳥がこのミルクを窃取するようになったため、容器に蓋が付けられました。それでも、少数の賢い鳥はくちばしでうまくつつくと蓋を突き通せることを発見したのです。

この方法はカササギの間では広く普及していきました。その結果、人間にとつては迷惑このうえないのですが、かれらは高タンパクのフリーランチを楽しむことができたのです。一方、コマドリはごく一部の鳥がカササギの行動を偶然見つけてそれを模倣しましたが、コマドリ全体に普及することはありませんでした。

PDの行動特性が発見されたとしても、コマドリのような集団ではそれが普及することはありません。それを普及させ組織改革につなげていくためには、カササギの叡智が必要です。

それは社会的な協調であり、それは決してトップダウンによる押し付けではありません。後者は面従腹背、儀礼的無視、儀式化というお決まりのルートをたどり、組織改革にはつながりません。そうではなく、より協調的なボトムアップ・アプローチをとるべきです。この点で私たちはカササギから学ぶことがまだまだ多く残されているのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT