「失敗を過度に恐れる人」に知ってほしい7名言 「恥ずかしい」と感じることから進歩は始まる

印刷
A
A
「失敗」を恐れなくなる7人の偉人による名言とは?(写真:共同通信)
「失敗したくない」――生きていれば失敗はつきものだが、それでも失敗を避けたいのが人の性。私たちはどうすれば「失敗を恐れる心」から解放され、今よりも挑戦することに前向きになれるのか? 失敗や負けを恐れる心から抜け出すための「7つの名言」を、作家の向谷匡史氏による新書『リーダーとは「言葉」である』より一部抜粋・再構成してお届けする。
1.大沢啓二(プロ野球選手・監督)
人生に悩みがあるのではない、悩みがあるのが人生なんだ。

親分肌、熱血漢、そして本質をズバリと口にする。「バッターってな、要は打ちゃいいんだ。ピッチャーは打たせなきゃいいし、ビジネスマンは会社に儲けさせりゃいい。ついでに監督はチームを勝たせればいいんだ」。取材で会ったとき、眉間に縦ジワを刻んで私に言った。ニコリともしない。冗談なのか本気なのか。「親分」と呼ばれて信望を集めた。

大沢はそんな人だ。悩みは万人に平等で、尽きず、逃れず。逃れられないものを逃れようとするのは愚かなことだとして、こんな言い方をする。「人間、生きてりゃ、悩みはつきない。社長は社長の、ペーペーはペーペーの悩みがあるわな。部長も悩めば、課長も悩むんだ。生きていくというのは、なかなかやっかいなもんさ。だから、悩みから逃れようなんて、虫のいいことは考えないことだ」

そして掲載の言葉を口にするのだが、大沢が信望を集めるのは、本質をついたあとで救いの一言をつけ加えることにある。悩みをサーフィンにたとえてこう続ける。「波に乗った数だけ上達するよな。それと同じで、悩みという波を努力というボードに乗って越えるたびに、生き方はうまくなっていくんだ。願ってもないチャンスじゃねぇか」。言われれば、なるほどと納得する。大沢親分は言葉のマジシャンでもあるのだ。

失敗なくして成長はない

2.ウィリアム・ローゼンバーグ(ダンキン創業者)
一度も間違ったことのない人はいないだろう。いるのであれば、それは、何にも挑戦しなかった人だ。

歩き出せば転倒のリスクがある。立ち尽くしていたのでは、つまずくこともないかわりに前には一歩も進めない。つまずいていい、失敗していい──ローゼンバーグはそう言い切る。34歳で母国アメリカでドーナツ店を開業。フランチャイズ制の導入で、現在、世界36カ国に1万1000店舗以上を展開。世界最大のドーナツチェーン「ダンキンドーナツ」(現ダンキン)をつくりあげた。

創業から70年。ドーナツを主力商品としつつ消費者のニーズに合わせ、変化に対応してきた。時代に即応してデジタル化への対応、ロイヤルティ・プログラムの充実を推進し、試行錯誤を繰り返してきた。歩き続ければつまずきもする。だが、挑戦なくして失敗なく、失敗なくして成長はない。ノウハウとは失敗の集積が導き出すものなのだ。

ローゼンバーグと同じことを、物理学者・アインシュタインが言っている。「失敗や挫折をしたことがない人とは、何も新しいことに挑戦したことがないということだ」

口で言うのは簡単だ。成功者だから言える──そう思ったりもする。だが、成功者とは挑戦と失敗の体現者なのだ。だから彼らの短い言葉には人生の要諦が詰まっている。挑戦と失敗は対極にあるのではなく、二人三脚であると知れば心置きなく挑戦することができる。成功は挑戦の先にあるのだ。

次ページ「世界のホンダ」は失敗の集大成
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT