肌の手入れに熱心な女性の細胞で起きている事

はたらく細胞LADYが描く「真の美容は体内から」

©原田重光・乙川灯 /講談社

白血球、赤血球、血小板、マクロファージ、記憶細胞、キラーT細胞、NK細胞、B細胞、マスト細胞――。人間の体内では、数十兆個もの細胞が絶えず働いている。

体の中の細胞はどう動いている?

赤血球は酸素を身体中に運び、免疫細胞たちは細菌やウイルスなどの身体を脅かす異常と戦い、その他の細胞も自分たちの働きを全うしている。完璧に有効な治療薬が見つかっていない中で、新型コロナウイルスに対抗しているのも、身体の中の免疫細胞だ。

『はたらく細胞LADY 第2巻』(講談社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

この細胞たちをそれぞれ擬人化し、身体の不調や病気、生理現象など小さなことから大きなことまで起こるさまざまな騒動を描いた漫画『はたらく細胞』(著者:清水茜、講談社『月刊少年シリウス』で連載中)は、TVアニメ化もされ、国内だけでなく世界でも話題となっている。

そのスピンオフ版で、生理、PMS、冷え性、貧血、子宮頸がんなど、おとなの女性が直面する身体の問題に対して、身体の中の細胞の動きを描いた『はたらく細胞LADY』(講談社『月刊モーニング』で連載中、監修:清水茜)の単行本第2巻から第6話「真の美容は細胞から」を抜粋してお届けします。

この記事の画像を見る(36枚)
©原田重光・乙川灯 /講談社『はたらく細胞LADY 第2巻』
次ページムダ毛処理をしたら体の中はどうなる?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT