「プレ更年期」女性の身体の中で起きていること 漫画「はたらく細胞LADY」20話

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小
(出所)『はたらく細胞LADY(4) (モーニング KC) 』(講談社)

白血球、赤血球、血小板、マクロファージ、記憶細胞、キラーT細胞、NK細胞、B細胞、マスト細胞――。人間の体内では、数十兆個もの細胞が絶えず働いている。

妊娠、出産のとき体内の細胞はどう動く?

赤血球は酸素を身体中に運び、免疫細胞たちは細菌やウイルスなどの身体を脅かす異常と戦い、その他の細胞も自分たちの働きを全うしている。完璧に有効な治療薬が見つかっていない中で、新型コロナウイルスに対抗しているのも、身体の中の免疫細胞だ。

はたらく細胞LADY(4) (モーニング KC)
『はたらく細胞LADY(4) (モーニング KC)』(講談社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

この細胞たちをそれぞれ擬人化し、身体の不調や病気、生理現象など小さなことから大きなことまで起こるさまざまな騒動を描いた漫画『はたらく細胞』(著者:清水茜、講談社『月刊少年シリウス』)は、TVアニメ化もされ、国内だけでなく世界でも話題となっている。

そのスピンオフ版で、生理、PMS、冷え性、貧血、子宮頸がんなど、おとなの女性が直面する身体の問題に対して、身体の中の細胞の動きを描いた『はたらく細胞LADY』(講談社『月刊モーニング』で連載中、監修:清水茜)。妊娠から出産を細胞目線でひも解く単行本第4巻から第20話「レディーのお暇(いとま)」を抜粋してお届けします。

出産から幾年月を経て、仕事に育児に頑張るお嬢様。充実した日々を送る一方、その体内では静かに変化が訪れていた。

この記事の漫画を読む(37ページ)
原田 重光 漫画原作者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

はらだ しげみつ / Shigemitsu Harada

『はたらく細胞LADY』のほかに、モーニングにて『はたらく細胞BLACK』、月刊ヤングマガジンにて『女神のスプリンター』、ヤングアニマルにて『魔女は三百路から』を連載中。

この著者の記事一覧はこちら
乙川 灯 漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

おとかわ あかり / Akari Otokawa

大学在学中に少女漫画誌にてデビュー後、『新おとぎ話の歩き方』 にてモーニングゼロ2018年7月期奨励賞。その後『ゆめみるがらくた』 にて第8回THE GATE編集部賞を受賞。今作『はたらく細胞LADY』が青年誌において連載再デビューとなる。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT