自宅で再現!町中華「王道チャーハン」の作り方

ご近所グルメのあの味が初心者でも簡単に

「王道チャーハン」を作ってみよう!
さあ、作り始めましょう(写真:吉澤健太)
チャーハン(2人分)
ごはん……350g(少し硬めに炊いて温かいもの、茶碗2杯強)
たまご……2個 
ネギ……1/2本 みじん切り
チャーシュー……60g 角切り
塩……適量
こしょう……適量
中華スープ……大さじ2
醤油……小さじ1
サラダ油……大さじ2

「よく『パラパラのチャーハン作りたい』っていうじゃないですか。でも、パラパラのチャーハンを作ろうとしてパサパサになっちゃう人が多いんです。そこで今日目指すのは、パラパラというより、ふわふわ、しっとり。レンゲですくったら軽くて、口にいれたらふわっとほどけるような、ほどよい水気のあるチャーハンです」

冷や飯ではなく、あたたかいごはんを使うのが肝

聞いただけでおいしそうなチャーハン。ふわふわのコツは、冷や飯ではなく、炊きたて(もしくは保温状態)のあたたかいごはんを使うことにあるのだとか。

「冷えたごはんを使うから、それをほぐすことに一生懸命になりがちですが、あたたかいごはんはほぐれやすいから無理にかきまわす必要がありません」

フムフム……では作ってまいります。

チャーシューをサイノメにカット(写真:吉澤健太)

チャーハンはごはんと具を炒め合わすだけの料理なので、あわてることのないように、最初にすべての具を準備しておきましょう。チャーシューはサイノメに、長ネギはみじん切りにしておきます。

長ネギは縦に切り込みを入れてから(写真:吉澤健太)
小口に切ると簡単にみじん切りできます(写真:吉澤健太)

卵は1人1個なので、2人分なら2個。ボウルに割り、よくほぐしておきます。

卵をボウルに割って(写真:吉澤健太)
よくほぐしておきます(写真:吉澤健太)
次ページいよいよ、炒めていきます
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT