チェルノブイリ被災者との会話で得たある視点

本を読んで予想した事はだいたい裏切られる

2014年11月17日の第2回ツアー。写真はチェルノブイリ原発2号機制御室。(写真:ゲンロン撮影)

2010年、新たな知的空間の構築を目指して「ゲンロン」を立ち上げ、イベントスペースや、動画配信プラットフォームの開設などさまざまな取り組みに挑んでいる、批評家で作家の東浩紀氏。そんな東氏は、負の遺産のツアーを行い、チェルノブイリで現地取材も続けています。東氏が上梓した『ゲンロン戦記 「知の観客」をつくる』を一部抜粋・再構成し、現地でのレポをお届けします。

ゲンロンが危機にあった2012年から2015年のあいだ、カフェやスクールとはべつに、もうひとつ力を入れていた事業がありました。それがチェルノブイリへのツアーです。1986年に原発事故を起こした、あのウクライナのチェルノブイリです。

2013年に出版した『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』(以下『チェルノブイリ』)を文字どおりのガイドブックとして、ぼくと監修者の上田洋子さん(現代表)が講師になって(第1回は上田さんのみ)、じっさいにチェルノブイリの原発事故跡地を訪ねてみる1週間ほどのスタディツアーです。旅行会社(2013年の第1回はJTBコーポレートセールスさん、2014年の第2回以降はHISさん)と組み、いままでに5回開催しています。

ほとんどチェルノブイリを知らなかった

『チェルノブイリ』は2013年4月の取材をもとにつくった書籍です。その取材があまりに印象的だったことから、読者をじっさいに現地に連れていきたいという思いが募り、同年の秋からツアーの企画を始めました。

『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』(画像:ゲンロン提供)

本書で何度か述べた、オンライン(書籍)の情報を「オフラインへの入り口」として使うという実践の典型で、売り上げこそ小さいですが、ゲンロンの精神を体現する事業だと位置づけることができます。今年(2020年)はコロナ禍で開催できませんでしたが、今後も続けるつもりです。

2013年の取材の時点では、ぼくも上田さんもチェルノブイリについてそれほど詳しくありませんでした。上田さんはロシア語の専門家だったけれども、原発事故に強い関心があったわけではありません。

取材チームの一員だったジャーナリストの津田大介さんも社会学者の開沼博さんも、福島には詳しかったけれどもチェルノブイリのことはほとんど知らなかった。取材先も上田さんが直接アプローチして決めたので、原発事故に詳しいジャーナリストやNPOに紹介されて行ったわけではありませんでした。

つまり、ぼくたちはみな素人で、まさに「観光客」として、いったいチェルノブイリはどうなっているのだろう、ぐらいの気持ちで現地を訪れたのです。結果的にはそれがとてもいい効果を生みました。

次ページ取材の偶然がもたらす発見
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT