ルート極秘、米国の荒野を走る「核廃棄物」列車

重武装の要員が同乗、略奪防止用の監視車も

サイロ付近を走るアメリカの核廃棄物輸送列車。銀色の2つの容器に核廃棄物が収められている(2011年10月1日、写真:T・ウェイト)

2011年3月11日、東日本大震災の津波によって福島の原子力発電所が壊滅した。日本において福島原発の廃炉に向けて懸命な努力がなされている最中、9月12日フランス・マルクールでは核廃棄物処理施設の爆発事故、11月8日正午ごろにはアメリカ・アイダホ州で被曝事故、と相次いで核関連施設内で重大事故が起きた。

このアイダホの事故は、10数人が猛毒のプルトニウムに被曝した。事故の原因はアメリカ・エネルギー省管轄のアイダホ国立研究所の実験用原子炉の廃炉処分中で誤って格納容器のふたを開けたことによる。原子炉は27年前の1992年に停止、その後廃炉処理が継続して行われていた。

事故の1カ月前に撮影

アイダホ国立研究所はアイダホ州アトミックシティーの近郊にある。また、ここから40マイルほど(約65㎞)離れたアルコ町は世界で初めて原子力発電による民生用電力で電灯を灯したことでも有名である。すなわちこの付近は、原子力発電に携わっている地帯となっている。

さて、この実験用原子炉は停止後、解体が進んでいる。ここで使用されたプルトニウムの処分は、この研究所外で行われている。だが、処分場所は明らかにされていない。

核廃棄物の多くはネバダ州で処分されていると言われているが、定かでない。処分する物質は民間人に被害を与えないように、また、核搭載兵器への転用が図られないように厳重に管理されている。このアイダホ国立研究所は内陸部に建設されているため、研究所外に運び出される核廃棄物は陸上輸送に頼ることになる。その陸上輸送を担当しているのがユニオンパシフィック鉄道である。

写真は核廃棄物を処理施設まで輸送する特別列車である。筆者の知人であるT・ウェイト氏が、事故が起きるおよそ1カ月前となる2011年10月1日に撮影した。

次ページカメラが捉えた写真の数々
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。