「テレワークに消極的な企業」に欠けている視点

採用の面でもマイナス、攻めの姿勢が必要だ

コロナ禍によってテレワークが推奨されているが、会社に通勤する人はまだまだ多い (撮影:今井康一)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う2度目の緊急事態宣言から始まった2021年。1月27日の時点で、11都府県で緊急事態宣言が発出されている。2月7日までが発出の期限となっているが、延長や地域が拡大する可能性もある。

今回の緊急事態宣言で政府は、企業に対してテレワークなどの推進によって「出勤者数の7割削減」を要請している。しかし、実態はあまり進んでいない。感染症対策が大事だとわかっていても、オフィスへの出勤がまだまだ続いてしまっている。その背景はなにか?

テレワークどころじゃない

緊急事態宣言が再発出した翌日、ニュース報道ではほとんどいつもと変わらない通勤風景が映し出された。経営者や人事担当者に尋ねると、「1度目の緊急事態宣言の時ほどテレワークを実施していない」という声が多い。とくに中小企業の経営者からは「コロナ後、業績が悪化しており、テレワークどころではない」という悲痛な叫びが相次いでいる。

取引先や顧客が大手企業であっても、テレワークを導入しないケースがけっこうあり、対面での対応を求められる場面は多い。「自社はテレワークを進めており、先方にもオンラインでの商談を打診したが、『対面でなければ、発注は行わない』と突きつけられた」という話もあった。

当然、エッセンシャルワーカーなど、事業所にいなければ成り立たない業務もあるが、リアルに会わなくてもオンラインで代替可能な業務は少なくない。

次ページ経営陣が使いこなせない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT