日本人も大好き「最高の腸活スープ」、超簡単4品

寒い冬にぴったり!「腸」をきれいにしよう

冬に食べたい温かいスープ。体を温めてくれる腸活スープとその作り方を紹介(写真:kikisorasido/PIXTA)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活法」は30年近く欧州で愛され続け、その「腸活メソッド」を紹介する著作は、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど世界中で話題になっている。
「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワード」ベスト3に選出されたほどで、その全メソッドを記した著書『腸がすべて』は、日本でも4万部のベストセラーになるなど、話題を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入ればいいのだろうか? 今回は、本書の翻訳を手掛けた森氏が、「アダムスキー式腸活メソッドにのっとった『日本人におすすめの腸活スープ』」ついて解説する。

「冬の腸活」には体が芯から温まる「スープ・汁物」を

寒い日が続くと、温かいスープがおいしく感じられますよね。実は、冷えは胃腸の健康の大敵。体を芯から温めてくれるスープは、「腸活の強い味方」なのです。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

ヨーロッパを中心に世界各国で約30年愛され続け、日本でも今話題となっている「アダムスキー式腸活法」。では、このアダムスキー式メソッドに則した「日本人でも作りやすく、食べやすいスープ」というと、いったいどんなものがあるのでしょうか?

そもそも、「アダムスキー式腸活法」の根幹にあるのは、食品を「下りてくるのが速い食品(ファスト)」「下りてくるのが遅い食品(スロー)」に分け、毎回の食事で食材を「正しく選ぶ」ことで腸に負担をかけず、「腸を詰まらせない」というものです。

「消化の速い『ファスト』の食品」に分類される主な食品は、「果物(ジュースなどの加工品を含む)」「トマト」「カボチャ」「パプリカ」「唐辛子」などがあります。「肉」「魚」「野菜」「穀物」といった、それ以外の多くの食品が「消化の遅い『スロー』の食品」に分類されます。

この2つを同時に食べないようにするのが、アダムスキー博士の「腸活メソッド」です。今回は、「アダムスキー式腸活メソッド」にのっとった組み合わせの「体を温めてくれる腸活スープ4つ」「作り方の3つのコツ」を紹介します。

次ページ1つ目の「腸活スープ」は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT