今さら聞けない「頻出カタカナ英語」本当の意味

クラスター、パンデミック、ハレーション…

意味がよくわからないまま流している「カタカナ英語」……こっそり検索? それとも知ってるふり?(写真:Melpomene/PIXTA)

新型コロナウイルス関連のニュースのせいかもしれませんが、昨年来、あまり耳慣れないカタカナ語を聞く機会が増えましたね。「クラスター」とか「パンデミック」とか……。

こういった新しい表現は、何度も聞いているうちにだんだんと慣れてくるものの、意味がよくわからないまま流しているという方もいるのではないでしょうか。もしかしたら、知っているようで、すこし違う意味でとらえていることもあるかもしれません。

この連載の一覧はこちら

今回はそんなカタカナ表現の中からよく使用されるものをいくつかを紹介していきます。ぜひ、クイズのようなつもりで、知っているかどうかチェックしてみてください。

その語源である単語の意味や、英語圏ではどのように表現するのかについてもなかなか奥深い話がありますので、それもあわせて解説していきます。

クラスターは英語ではなんと言う?

まずはコロナ関連のニュースなどでよく出てくる「クラスター」という表現を取り上げてみましょう。きっとこの意味を知らない方はほとんどいないと思いますが、病気に関して使用するときには「一緒に病気の感染や発症をした集団」のことを指します。

厚生労働省の定義によると新型コロナウイルス感染については、「接触歴が明らかな5人程度での感染が起きた集団」のことを指すようです。50人を超えると「メガクラスター」と呼ぶとのこと。

【クラスター】 新型コロナウイルスなどの病気の感染や発症を時間的・地理的に近接して起こした5人以上の集団
【メガクラスター】 新型コロナウイルスなどの病気の感染や発症を時間的・地理的に近接して起こした50人以上の集団
次ページ「クラスター」の単語自体の意味は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT