泥酔防止に「トマトジュース」が効く医学的根拠

ウコンやシジミは予防できるほどの効果なし?

そうわかったら、次に気になるのは「なぜトマトが効くのか」ですよね。最初に紹介したほうの研究では、その理由についても調べています。

実験動物(ラット)に、トマトの水溶性成分を摂取させたあとにアルコールを投与して、肝臓内のアルコール代謝にかかわる酵素の活性を調べたところ、アルコールの分解にかかわる酵素(アルコール脱水素酵素)、アセトアルデヒドの分解にかかわる酵素(アルデヒド脱水素酵素)と、これら2つの酵素の働きにかかわる酵素が活性化していることがわかりました。

人体においても、トマトジュースがアセトアルデヒドの分解を早める作用を発揮すると仮定すれば、トマトジュースには二日酔いを防ぐ効果が期待できます。

お酒が強い人と弱い人の違いは酵素にある

ところで、お酒に強い体質の人と、弱い、もしくはほとんど飲めない人がいますよね。その違いは、まさにアルコールの代謝にかかわる酵素の働きの違いにあります。とくに重要なのが、有害なアセトアルデヒドの分解を進めるアルデヒド脱水素酵素です。

『代謝がすべて』(角川新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

この酵素には、アセトアルデヒドの血中濃度が高くなってからゆっくりと働く「1型」と、血中濃度が低いときから働く「2型」があります。

悪酔いの原因となるアセトアルデヒドをスムーズに分解するためにより大事なのが2型のほうなのですが、日本人は、この2型の活性が弱い人が4割ほどいて、さらに2型がほとんど働かない人も数%いると言われています。だから、日本人はお酒に弱い人が多いのです。

こうした体質的にお酒を飲めない(アルデヒド脱水酵素2型が働かない)人は、トマトジュースの助けを借りても飲めない体質は変わりませんが、もともとある程度飲める人であればトマトジュースがアルコールの分解を助けてくれます。

とはいえ、飲みすぎは禁物。「トマトジュースを飲んでいるから大丈夫」と気持ちが大きくなって、いつも以上に飲んでしまっては、血中のアルコール濃度は3割減どころか、3割増しになってしまいます。お酒は「自分に合った量をほどほどに」がやっぱり肝心です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT