泥酔防止に「トマトジュース」が効く医学的根拠

ウコンやシジミは予防できるほどの効果なし?

さて、お酒を飲むと、体内に入ったアルコール(エチルアルコール)はどのように代謝されるのでしょうか。

アルコールは、胃で約20%が、小腸で80%ほどが吸収されます。よく「空腹の状態で飲むとよくない」と言われますよね。それは、胃が空っぽの状態では、アルコールが胃を素通りしてすぐに小腸に届いてしまうからです。ほとんどのアルコールが小腸で吸収されるうえ、小腸での吸収は速いので、アルコールがすぐに小腸まで届くと、アルコールの吸収が速くなり、酔いやすくなります。

だから、空きっ腹での飲酒はよくありません。私は、お酒を飲む際には必ず油を使った料理を食べるようにしています。油は、胃の運動を抑制して胃に長くとどまりやすいうえ、消化管ホルモンを介して胃の出口(幽門)を閉める働きがあるので、先に油を入れておくと、アルコールが胃にとどまる時間が長くなり、小腸での吸収を遅らせることができるのです。

ちなみに、お酒を飲む前に牛乳を飲むと胃に膜ができてアルコールの吸収を抑えてくれるという話、昔からなぜか聞きますよね。実際に飲酒前には牛乳を飲むようにしている人もいるそうです。たしかに空腹でアルコールを飲むよりは、その吸収を抑えてくれますが、胃の粘膜に膜ができるというわけではありません。

アルコールは脳にも達する

少し横道にそれてしまいましたが、胃や小腸から体内に吸収されたアルコールは、門脈を通って肝臓に送られます。そして、ほとんどが肝臓で処理されます。ただし、肝臓で分解できるアルコール量には限りがあるので、対応できなかった分は、いったん血液の流れに乗って全身に運ばれ、また肝臓に戻ってきて、分解されるのを待ちます。

また、一部(2~10%といわれています)のアルコールは、肝臓では処理されないまま、呼気や汗、尿として体外に排出されます。呼気に出るアルコール量は、血中アルコール濃度と相関関係にあるので、呼気検査を行えば「どのくらいのアルコールを飲んだのか」がおおよそわかるのです。

肝臓でのアルコールの処理は、2段階に分かれています。アルコールを「アルコール脱水素酵素」などによって「アセトアルデヒド」に分解するのが、第1段階。このアセトアルデヒドは、私たちの体にとって有毒で、顔が赤くなったり、動悸や吐き気がしたり、頭が痛くなったりといった悪酔いを引き起こす原因です。

ちなみに、お酒を飲むとなぜ「酔う」のかと言うと、アルコールそのものが脳に達し、脳内の神経細胞も影響を受けて情報伝達が複雑になるからです。だから、千鳥足になったり、呂律(ろれつ)が回らなくなったり、眠くなったりするのです。

次ページ1時間に分解できるアルコール量は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT