泥酔防止に「トマトジュース」が効く医学的根拠

ウコンやシジミは予防できるほどの効果なし?

飲みはじめる前には「ほどほどに」と思っていても、つい飲みすぎてしまうこともあるかもしれません。私自身もお酒も好きなので、正直なところ、適量を超えて飲んでしまうこともあります。つい飲みすぎたな、というときにおすすめなのが、トマトジュースです。

お酒による酔い過ぎの予防と言えば、ウコンに含まれる「クルクミン」という成分やシジミに含まれる「オルニチン」が有名ですが、残念ながらどちらも医学的根拠は不十分です。ウコン飲料を飲むことでアルコール摂取後の体調への好影響を示すデータはありますが、微々たる変化で、酔いを軽減できるほどの効果は期待できません。シジミのほうも同様なのです。

一方、トマトジュースについては、少人数の研究ですが、人の血中アルコール濃度を低下させる作用が報告されています。

トマトジュースを一緒に飲むと血中濃度が低い

トマトジュース缶(160ml)3本と焼酎(ストレート100ml)を同時に飲む場合と、水と焼酎を飲む場合で、血中のアルコール濃度がどう変わるかを比較したところ、30分後、1時間後、2時間後、3時間後のいずれも、トマトジュースを一緒に飲んだほうが有意に低くなっていました。最高血中濃度で、約3割も低かったのです。

また、体内にとどまるアルコール量も約3割少なくなると推計されたほか、体内からアルコールが消失するまでにかかる時間も、トマトジュースを飲まなかったときには平均5時間かかったのに対し、トマトジュースを一緒に飲んだときには平均4.2時間と、50分ほど早くなりました。

別の研究では、同じアルコール濃度のトマト酒と焼酎を飲んだ場合で、血中のアルコール濃度や体内からアルコールが消失するのにかかる時間を比べたものもあります。この研究でも、トマト酒を飲んだ場合のほうが、血中のアルコール濃度が3割ほど低くなり、体内からアルコールが消えるのにかかる時間も短くなりました。

お酒と一緒にトマトをとることで、血中のアルコール濃度が急激に上がるのをおさえることができ、酔いのまわりがゆるやかになり、酔い覚めも早くなるということです。

次ページなぜトマトが効くのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT