ビジネスになる?「ゴルフに5G導入」期待と課題

プレーや観戦に生かせることは多いが…

5Gを使って、ゴルフにとって何ができるかを考えるために、ゴルフ場でできそうなことを開発したソリューションを、実際に日本CCのコース内に展示して見せてくれた。どんなものがあったのか、体験や見た感想を含めていくつか紹介する。

8K映像伝送・切り出し配信
ティーイングエリアなどに8Kカメラを置き、ショットを撮影する。クラブハウスでそのショットを見たり、撮影された映像を切り取ってアップにしてタブレットなどで視聴できたりする。

映像は3台のカメラを使ってそれぞれ違う角度から撮影しており、自分の好きなアングルから見られる。確かに8Kだけあってきれいだ。8Kカメラは1台30万~40万円ほどという。スイングチェックにはいい。

ほかのパーティーの映像配信
カートに置いたタブレットやクラブハウスで、ほかの組の様子を見ることができる。後でドラコンやニアピンのホールの確認もできる。

コンペではほかの組の様子は気になるところ。カートでライバルの様子を見ながらプレーすれば盛り上がるかもしれない。撮影に使用するカメラは市販品。

コースをデジタルツイン化(サイバー空間上に物理世界を再現)
コースをスキャナーで数センチの誤差で正確に計測し、CGによるデジタルツイン化。クラブハウス内でVRヘッドセットを着用、コースの様子を視聴できる

ゴーグルをつけてみたら、確かにコースがリアルに再現されていた。視点を動かすと360度見渡せる。スタート前のシミュレーションに、ということだが、プレーの役に立つかはわからない。半径350メートルをスキャンする計測機器は1000万円ほどするという。シミュレーションゴルフなどへの応用はできそうだ。

MLM(Mobile Launch Monitor、落下地点予測)
MLMという機器のドップラーレーダーでボールを追尾し、iPhone、iPadの高性能カメラで撮影してデータ解析する

よくテレビのゴルフ中継でショットを打つとその弾道が線で表示されるが、それを自分のショットでも見られる。飛距離やヘッドスピードなどのデータも測定して、後で確認もできる。MLMは6万円台からあるそうで、それにiPhone、iPadをつなぐ。

スイング診断用「SkillMonitor(スキルモニター)V2」
カメラ2台でスイングを撮影するとAIが分析、骨格の動きの映像が見られる

自分のスイングと、理想的なプロのスイングと比較して点数も出る。自分のスイングの癖や、どこを直していけばいいかなどがわかり、レッスンに使えそうだ。カメラは市販品。

次ページドローンを使った実験も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT