チームメンバーは「先着順」採用でいい!?

チームの人材難を嘆くより、まずは今ここにいるメンバーで

「もっと優秀なメンバーがいれば……」と嘆くよりも

会社員の仕事は、基本的にはチーム作業だ。しかし共に働くスタッフを自由に選ぶことはなかなかできない。役職や立場が上がるにつれて人事に関する発言権もある程度高まるが、選択肢は限られている。「もっと優秀なメンバーがいれば……」と、自身のチームの人材難を嘆いている人も少なくないだろう。

僕もプロデューサーとしてスタッフ陣を率いる立場。当然、高い資質を持った人材に加わってほしいとは思う。しかし、事前にあまり注文はつけず、割り振られたスタッフをまずは受け入れることにしている。

この考えに至ったのは、「世界レベルの中小企業」という企画で、愛知県豊橋市の樹研工業を取材したことがきっかけだった。2002年当時、樹研工業は直径0.149ミリメートル、重さ100万分の1グラムという世界最小、最軽量のプラスチック製歯車を開発し、世界的に注目を集めていた。

松浦元男社長にお話を伺って驚いたのが、同社の新入社員の採用方針だった。それはなんと「先着順」。能力や経歴は不問、単に応募が早かった順に内定を出しているというのだ。なぜかというと答えは簡単、「誰にでもよい部分はあるから」だという。

たとえば高校を2回も留年して入社した社員については「ダブった分、同級生が多いだろ? 人脈があるってことだよ」と笑っていた。

要するに学歴などの情報やちょっとした面接でわかることなど、たかが知れているということなのだろう。わかりもしない将来性をあれこれ考えるより、個人と向き合う覚悟を決め、ある程度、時間をかけてそれぞれの強みを見いだしていく。そのほうが結局は効率がよいのではないか。

当初は半信半疑だったが、自分自身がチームを率いる経験を重ねるうちに、確かにそうかもしれないと思うようになった。特にその思いが強くなったのは、以前放送していた「麻木久仁子のニッポン政策研究所」という番組で、アシスタントディレクター(AD)を務めたH君の成長ぶりを目の当たりにしてからだ。

次ページ知識や経験の不足を自覚しているがゆえの強み
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT