本田の言葉から読み解く、日本の2つの課題

日本代表の強みと弱み

(写真:AP/アフロ)

「攻撃」に対する強い自信

いよいよ今週の土曜日の夜、日本対コートジボワールが行われる(日本時間6月15日午前10時キックオフ)。W杯開幕が迫った今、個人としても、チームとしてもやれることは限られている。あとは自分たちの武器をしっかりと認識し、同時に冷静に課題に向き合い、透き通るような自信とともに臨むことが重要だろう。

W杯直前に行ったアメリカ合宿で、本田圭佑はこう語った。

「こういう状況になってくると、人間開き直るじゃないけど、嫌でも逃げ道はないわけですから。ホントの強さが、自分でも想像できないくらいの強さが、出ることを楽しみにしています」

では、自信の根拠となる日本の武器とは何か? この4年間、筆者は本田を継続して取材してきた。そこで得た“本田の言葉”から、日本のストロングポイントとウィークポイントを読み解いてみたい。

まずは日本代表のスタイルを確認しておこう。

ザックジャパンの方向性は、4年前の岡田ジャパンとは180度違う。岡田武史監督は南アフリカW杯の直前に、DFラインを低く設定し、本田以外の10人で守りを固めるというやり方で大会に臨んだ。見事な守備力でグループリーグ突破を果たしたが、受け身の時間が長いために体力の消耗が激しく、決勝トーナメント1回戦で力尽きてしまった。いわゆる“守備的なチーム”である。

それに対してザッケローニ監督のキーワードは「勇気」だ。リスクを冒して、DFラインを高く設定し、相手ゴールに近い位置でボールを奪うことを目指す。大切なのはボールを奪ってからの攻撃で、その能力に長けた選手が起用されている。アグレッシブさがある“攻撃的なチーム”だ。

先週、本田は4対3で勝利したザンビア戦後に「今のチームは4年前と比べて、攻撃に重点を置いたスタイル」と説明した。

「前回のような守備に重点を置いたスタイルだと、失点はしなかったかもしれないけれど、こうやって4点は取れなかったと思う。このスタイルで行くって決めた以上は、ビビらず、これを維持しながら、解決するところはしていきたい」

次ページザックの指示との矛盾
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT