あの織田信長も一役「美術品売買」の意外な歴史

「楽市・楽座」が流通市場にもたらしたもの

美術品の流通市場は大きく変化しています(写真:Graphs/PIXTA)
たくさんのギャラリーが会場に集まり、作品を売買する「アートフェア」のように、価格が公開され、お金があれば誰でも自由に美術品を買える場は今でこそ珍しくなくなりました。が、かつては相対取引であり、商売人によってはお金を持っていても売ってくれないということがありました。
実は、アートフェアのようなオープンな取引の場が日本にできた歴史をさかのぼると、織田信長が行った「楽市・楽座が転換点だった」と東京画廊社長の山本豊津氏、アートの流通に造詣が深い公認会計士の田中靖浩氏は言います。両者の共著『教養としてのお金とアート 誰でもわかる「新たな価値のつくり方」』から一部抜粋・再構成し、アートの流通市場の変遷についての対談をお届けします。

「楽市・楽座」は商品評価の基準を変えた

山本豊津(以下、山本):日本でアートフェアが始まったのが1992年。SCAI THE BATHHOUSE(スカイザバスハウス)の白石正美さんが東京タワーに事務局をお願いして実現しました。

僕の父もアートフェアをやりたかったのですが、実現する前に亡くなってしまった。父と親しかったギャラリー上田の上田社長がその遺志を引き継いで、白石さんと一緒にアートフェアを開催した。これが日本で初めてのアートフェアです。

田中靖浩(以下、田中):アートフェアの出現によってアートがパブリックになったわけですね。

山本:そうです。アートフェアによって美術品の情報開示が行われました。僕たちギャラリーが参加するアートフェアをずっと過去にたどると、織田信長が行った「楽市・楽座」に転換点を見ることができます。

楽市・楽座を日本の近代化と照らして考えると、各地にある商品を集めて、一般の人たちに「こんなものにこんな価格がついている」ということを見せたのは重要な転機です。売りに来た人も、買って帰るわけですよ。

これ面白いんですけど、アートフェアでも、僕たちはアートを売りに行ったはずなのに、別のギャラリーから買うんです。東京画廊で売っている作品を必ずしもコレクターが買うのではなくて、出店している別のギャラリーが買うこともある。

だから楽市・楽座の重要な点は、お客さんと売り手ではなく、売り手側がお互いに、売りに来たんだけど買って帰ることで活性化することです。そういうような場所を信長が拡大した。このことが商品評価の基準を大きく変えたと思うのです。

次ページ楽市・楽座を現代に復活させた楽天
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT