影山ヒロノブが語る「アニソン」が持つ真の使命

誰でも歌のフレーズはしっかり染みついている

影山氏が語るアニソンの役目とは?(写真:中央公論新社提供)
16歳でデビューしたバンドは4年で解散。そこからノーギャラライブや15年にわたるアルバイト生活を経て、今頂に立つ、アニソン界のパイオニア・影山ヒロノブ氏。そんな影山氏が考える、アニソンの役割とは……。影山氏が上梓した『ゴールをぶっ壊せ――夢の向こう側までたどり着く技術』を一部抜粋・再構成してお届けします。

『ゴールをぶっ壊せ』にも書きましたが、人気絶頂のアイドルシンガーから、道を失い、一度は地獄に叩き落された俺を、再び音楽のメインストリームに連れ戻してくれたのは、アニソンと、それを取り巻く人たちでした。

「アニソンベスト」「アニソン動画」「アニソン配信曲」――。 今、巷にあふれている「アニソン」という言葉は、実はちょっと不思議な使われ方をしています。なぜなら、音楽のジャンルとして使われてはいるけれど、厳密には「アニソン」は音楽のジャンルとは言い切れないからです。

多種多様な音楽を内包している「アニソン」

たとえば、ロックやクラシック、ジャズなどは、楽譜上での表現方法や作られた時期などによって分類することが可能です。そんな難しいことを考えずとも、ちょっとメロディーを聴けば、おそらく誰もが「これはクラシック」「これはロック」と、理解することができるでしょう。

微妙な境界線上に存在する音楽もありますが、少なくともベートーヴェンの「交響曲第九番」とディープ・パープルの「ハイウェイ・スター」を同じジャンルの音楽と感じる人は、いないはずです。

でも、アニソンの場合、音を聞いただけでは、アニソンかどうか、即座には判別できません。

それは一口に「アニソン」と言っても、童謡風もあればロック風もあるし、J・POP風、演歌風や、クラシック風まであるから。つまりアニソンは様々なジャンルの音楽をみんな飲み込んでしまっているのです。

言いかえれば、それこそがアニソンの強みであり、国境を越えて幅広い層の人気を獲得している理由でもあるわけですが、いずれにしろ、1つのジャンルとして取り扱うには、あまりに多種多様な音楽が内包されています。

次ページアニソンの役割とは何か
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT