ヒット曲「香水」と「天城越え」意外すぎる共通点

曲調やジャンルが異なっても「似ている」理由

現代の大ヒット曲と昭和の名曲、時代を超えた共通点を発見したのはAIだった(記者撮影)

「ドルチェ&ガッバーナの曲」として、2020年に社会現象と言えるほどの大ヒットとなった「香水」(瑛人)が、1986年発売の名曲「天城越え」(石川さゆり)と、実は似ている?――。

NTTデータグループとビルボードジャパン(運営:阪神コンテンツリンク)は9月、チャートデータと脳情報を組み合わせた新たな音楽ヒットの分析方法と、未来の音楽トレンド予測技術の開発に成功したと発表した。

研究に用いたのは、NTTデータの「Neuro(ニューロ)AI」という技術。脳の血流の変化を計測すると、その変化から人が「女性を見ている」「ビーチを見ている」「怖いと思っている」といったことがわかる。このように、脳に隠れた情報を読み出す技術を用い、人の脳活動を予測するのがNeuroAIだ。すでに、動画広告の分野では広告効果の評価サービスとして活用されている。

「香水」と「天城越え」はジャンル、曲調、テンポ、歌手の性別も異なるが、曲を聴いたときの脳の反応が近いと推定された組み合わせの一つだ。研究を担当するNTTデータ経営研究所・情報未来イノベーション本部の茨木拓也氏は「脳の1カ所が反応しているからこう、といったものではなく、全体のパターンでとらえている」と説明する。

「白日」の類似曲にはEDMの名曲も

ビルボードはCD販売数に加え、ダウンロードやストリーミング再生、Twitterへの投稿、ミュージックビデオ視聴、カラオケ歌唱の回数など、複数の指標を基にした複合チャート「Billboard JAPAN HOT 100」を発表している。ストリーミングから人気に火が付く楽曲が増えるなど、多様化が進んだ音楽業界において、ヒット曲を浮かび上がらせる重要なチャートだ。

ビルボードは、過去の実績を基にしたチャートだけでなく、未来のヒット曲を予測できないか模索していた。そこでNTTデータに声をかけ、2019年9月に共同研究開発がスタートしたという。

共同研究では、2016年12月から今年5月まで、チャートにランクインした2185曲を対象に脳活動を予測した。成果の一つが、脳の反応パターンが近い曲の組み合わせだ。「香水」は「天城越え」以外に「桜」(コブクロ)や「Lemon」(米津玄師)、「全力少年」(スキマスイッチ)などの人気曲と脳の反応が近いことがわかった。

それ以外でも、ストリーミングを中心にロングヒット中の「夜に駆ける」(YOASOBI)は「夏のどこかへ」(WANIMA)などが類似曲だ。「白日」(King Gnu)は「Waiting For Love」(Avicii)や「メロス」(水曜日のカンパネラ)などの曲と類似性があることがわかっている。

次ページ「おすすめの曲」発見に新機軸?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT