影山ヒロノブが語る「アニソン」が持つ真の使命

誰でも歌のフレーズはしっかり染みついている

先日、札幌でラジオ番組に出た時、同世代のパーソナリティと、第1作のアニメ「鉄人28号」の話になりました。

50年以上前のモノクロ作品ですし、主題歌も覚えていないと思っていましたが、気付いたら二人そろって口ずさんでいた。これにはちょっと驚きました。

「へえ、この歌を俺たちはちゃんと覚えていて、しかも今も歌えるんだ――」

アニメが放送されていた当時、「鉄人28号」を毎週楽しみにしていた俺は、鉄人28号チューインガムの包み紙の、こすると転写できるシールを下駄箱にべたべた貼り付けては、おかんにどやされていたものでした。でも、その時貼り付いたのはシールだけじゃない。主題歌もまた、俺の心にしっかりと貼り付いていたんです。

フレーズが心に焼き付いている

もちろん「鉄人28号」に限りません。「仮面ライダー」主題歌の「迫るショッカー」というフレーズを、俺は死ぬまで絶対に忘れないと思います。「ウルトラマン」や「海のトリトン」「ジャングル大帝」の主題歌も同じです。頭で「覚えている」というより、すっかり染み付いてしまっている。

『ゴールをぶっ壊せ―― 夢の向こう側までたどり着く技術』(中公新書ラクレ)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

あの頃は、ビデオもなかったから、基本的には週に1回の放送で聴くだけ。それなのに、テレビで何百回も耳にするCMソングより、ずっとずっと心に焼き付いている。

主題歌が歌えるということは、その作品が伝えようとしたメッセージも一緒に心に、そして魂に刷り込まれているということだと思います。歌を通じて、誰かの心に半世紀以上の時を超えてメッセージやフレーズが刻み込まれる。なんと奇跡的で素敵なことでしょうか。

そんな自分の経験にあらためて照らしてみると、アニソンとは、いくら時が経とうが、きっと頭ではなく心で覚えている歌、と定義することもできると思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT