「コロナ疲れ」を回復させる強制リセット術

「感情を動かすこと」が生きる原動力になる

コロナ禍でうつうつとした気持ちをリセットするにはどうしたらいいでしょうか(写真:ワタコ/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

この連載の記事一覧はこちら

感染拡大が伝えられるなか、忘年会やクリスマスなどのイベントも自粛し、本来の華やかさを楽しむこともできず、おうち時間を過ごされる方も多いと思います。また、この年末年始は、帰省をしなかったり、家族構成によってはとくに孤独を感じる時期にもなります。

「ひとりが好き」「どちらかというと人と一緒のほうが疲れる」という方にとっては、一見問題がないようにも見えますが、それでも、これほど長い期間になると悪影響を及ぼします。他者との程よい接触の機会の大切さと、現状ではなかなか難しい気持ちのリセット方法をお伝えします。

「得体の知れない孤独感」に襲われた男性

ある30代の男性はインドアの趣味を持ち、ITの仕事に就いていて、この春から在宅ワークを続けていました。一人暮らしのうえに、仕事のやり取りもメールやチャットなどの文字ツールのみで、ほぼ本当に誰とも話さなくなり、数カ月が経ったころから、得体のしれない孤独感に襲われるようになったとのこと。

それからは、気持ちが不安定になり、自分の存在が自分でもわからなくなり、何をしているのかという感覚も麻痺し、このままではダメになると思って、転職活動を開始したというのです。オンライン上ではあるものの、面談があり、久しぶりに誰かと話をすることができたことによって、生き返ったような気がしたとのことでした。

普段であれば、緊張して嫌だと思われがちな面接の場ですら、人と関われる喜びに変わるのですから、人と接することの大切さを感じます。この方は、転職活動がうまくいき、現在は、出社と在宅が半々の職場で生き生き仕事をしています。

あくまでも一例ではありますが、最近は「誰とも話してない」「強い孤独感にさいなまれる」といった相談は後を絶ちません。

カウンセリングの場でさえ、誰かと話したいという意向から、日常会話の場になっていたりします。

次ページ話すことによる「カタルシス効果」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT