2020年に売れた最新「コーヒーメーカー」3機種

「デロンギ」の月4500円のサブスクが大人気

2020年に売れたコーヒーメーカー3機種を紹介する。左からUCC「ドリップポッド(DP3)」、ウィナーズ「レコルト Grind & Brew Coffee Maker」、デロンギ「ディナミカ 全自動コーヒーマシン(ECAM35055B)」(筆者撮影)

コロナ禍の影響でコーヒーメーカーの売り上げが好調だ。カフェなどでゆっくりコーヒーを楽しむ時間が減り、家にいる時間が増加し、手軽に淹れられるコーヒーメーカーを求める人が増加しているからだという。コーヒー機器を販売しているデロンギ・ジャパンによると、全自動コーヒーマシン(家庭用)の販売台数は11月末時点で昨対比約140%と好調に推移しているとのことだ。

コーヒーメーカーといっても、コーヒーの粉を入れるもの、豆をひくところからの全自動コーヒーメーカー、カプセル式でカンタンに安定したおいしいコーヒーが楽しめるカプセル式など、タイプもさまざまだ。その中から、今年注目された3タイプのコーヒーメーカーを試した。

レギュラーコーヒーも充実、進化したデロンギ

デロンギといえば全自動エスプレッソマシンという印象が強いが、ここ数年は日本の市場に合わせたレギュラーコーヒーメニューにも力を入れている。レギュラーコーヒーが好きな日本人のために搭載された「カフェ・ジャポーネ」機能は、ハンドドリップのように蒸らしながら抽出するレギュラーコーヒーだ。豆を蒸らして抽出するほか、豆を2度に分けてひくことで香り豊かなドリップ風コーヒーを実現している。

2020年10月に発売された「ディナミカ 全自動コーヒーマシン(ECAM35055B)」(実勢価格16万2000円)はすぐに売り切れ、現在も品薄状態が続いており、注目度の高さを物語っている。

ディナミカシリーズの特徴は「スペシャルティ」モードだ。酸味が強いコーヒーに向いているモードで、蒸らさずにダイレクトに抽出することで、最近流行のやや浅煎りから中煎りのサードウェーブで広まったコーヒー豆と相性がよいとされている。フルーティなコーヒーが楽しみたい方におすすめだ。

デロンギ「ディナミカ 全自動コーヒーマシン」はメニューもカタカナで見やすい。好みにあわせて淹れ方を変えられるレギュラーコーヒーがおいしい(筆者撮影)

ほかにも、人気の「カフェ・ジャポーネ」機能のほかに、エスプレッソ、ドッピオ+、エスプレッソLARGE、ロングコーヒーから選択できる。豆に合わせてそれぞれ抽出方法を変えられるので、豆本来のポテンシャルを生かし、ボタンひとつでさまざまなコーヒーを味わえるのが魅力だ。どのコーヒーも共通しているのは、深いコク。クレマがあるので苦そうに見えるが、香りのほうが強い。1日に何杯も飲みたくなるおいしさだ。

また、ラテクレマシステムを搭載しており、ボタンを押すだけでキメの細かい泡立ちのミルクができる。ミルク、豆、水を入れておけばカフェで飲むようなふわふわのカプチーノを楽しめる。

次ページお手入れはラクになるが、ランニングコストは少々高め
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT