GAFAで働く僕がかつて日系企業で学んだ"本質"

20代の頃の上司だったN本部長の凄すぎる視点

「論理の飛躍」が起きる原因や、会議中に「目的」を見失わないための解決策を紹介していきます(写真:kouta/PIXTA)

私は40歳のとき、17年間勤務していた日系メーカーからGAFAのうちの1社に部長として転職しました。

GAFAでは高度なビジネススキルが求められますが、これらを身に付けることができたのは、20代のころ所属していた経営企画部の本部長だったNさんから受けたロジカルシンキングや問題解決の教えがあったからでした。

前回同様、拙著『40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ思考法』から私が学んだNさんにまつわるエピソードをお伝えしたいと思います。

論理の飛躍が起こる2つの原因

「隣の部門の部長はものすごく頭の回転が速いんですけど、チーム皆の思考がそこについていけてないんですよね。だから、腹落ちして動くというよりは、指示されて動くっていう感じになりがちなんですよね」

Nさん「その部長とチームメンバーの間にある溝は、なぜ生じると思う? それは論理の飛躍なんだよ。論理が飛躍していると、どれだけ説明しても伝わらないんだよね」

「論理の飛躍……。なんとなくわかる気はします」

Nさん「君が広い砂漠の真ん中で、チームを率いているとしよう。オアシスを探そうとしたときに、太陽の位置、風の向き、何らかのニオイ、何らかの条件でオアシスの位置がここから東の方向にあると感じたとしようか。その理由を誰にも告げずに、『東だ! 行くぞ!』って言っても、そりゃ、誰も腹落ちしないよ」

「説明が足りなさすぎますね」

Nさん「そういうこと。論理の飛躍が起きる原因の1つは、まず頭の中の思考を全部出さずに、『スタート』と『結論』しか言わないことなんだよ。頭の回転が速い人が陥りやすいね」

「なるほど。1つということは、ほかにも理由があるんですか?」

Nさん「もう1つの原因は、思い込みによる決めつけかな。これは『ジャンクフードを食べると肥満になる』って例えるとわかりやすいかな」

「それも論理の飛躍なんですか? ジャンクフードとか、体に悪い印象しかないですけど」

次ページ話の「粒」に気をつける
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT