渡部建の謝罪会見が結果的に「成功」と言える訳

記者に批判殺到、遅きに失したが小さな一歩に

騒動後初めて開いた記者会見で、厳しい表情を見せるお笑いタレントの渡部建さん=12月3日夜、東京都新宿区(写真:共同通信)

12月3日夜、今年6月の不倫報道で無期限活動自粛中のアンジャッシュ・渡部建さんの会見が行われ、ネットで生配信されたため、ツイッターのトレンドランキング上位を独占するなど、大きな注目を集めました。

事前報道では「今さら会見」「無謀会見」「フルボッコ会見」などと揶揄されていましたが、無理もないでしょう。不倫だけでも叩かれる上に、「多目的トイレを使用」「女性に1万円を渡して帰らせた」「妻と相方に謝らせて自分は逃げ回る」などの卑劣な行為が加わったことで渡部さんは、「芸能界復帰不可能」「引退もやむなし」とさえ言われていました。

しかし、会見を終えてみると、結果的に渡部さんにとってわずかながらも一歩を踏み出せたように見えます。少なくともクライシスコミュニケーション(危機管理広報)の観点では、「たとえ遅すぎた会見でも開いて正解だった」のは間違いありません。

なぜ「今さら」「無謀」「フルボッコ」と言われた渡部さんの謝罪会見は成功と言えるのでしょうか。

「気持ち悪い」の印象を軽減できるか

まず渡部さんのケースに限らず謝罪会見の主な目的は、「心の底から反省している姿を見てもらうこと」「記者たちから責められて自らの非を認め、会見をイメージダウンの底にすること」の2点。

その意味で渡部さんは、冒頭から目を潤ませながらも芸能記者たちと向き合い、意地悪な質問にも逃げずに対応していたほか、報じられた内容をほぼ認めたり、「謝罪会見をせずに済むと甘い考えを持っていた」とうなだれたりなど、大みそかの「ガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ」(日本テレビ系)に関すること以外は正直に答えていました。

たとえば、最大限の謝罪が必要な多目的トイレの使用者に対して、「最も本当に謝らなければいけないことで、ふだん利用している方にご不便とご迷惑をおかけして、本当に深く深く反省しています」とコメントするなど、嘘、打算、保身といった明らかに「これはおかしい」というところはなかったように見えます。

ただそれでも渡部さんの行為は、過去の芸能人不倫とは比較できないほどひどいものであり、これだけでは人々に与えた「気持ち悪い」というイメージを軽減することはできません。渡部さんが芸能活動を再開したいのであれば、その「『気持ち悪い』というイメージをどれだけ軽減できるか」が重要であり、本人と業界関係者のどちらにとっても謝罪会見の成否を分けるポイントとなっていました。

次ページ「レポーターの態度や質問がひどい」の声
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT