有料会員限定

緊急対応で試されるスピーチのスキル 会見|「謝れば収まる」は錯覚

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

不祥事を起こしても伝え方次第で「炎上会見」は避けられる。

イラスト:十時朱視

特集「無敵の話し方」の他の記事を読む

新製品や中期経営計画の発表、不祥事に伴う記者会見、株主総会など、企業にはメディア対応やステークホルダーに対する情報開示が強く求められる。経営陣や担当者は壇上で何を伝えればよいのだろうか。

「前提として、記者や聴衆との間に信頼を構築するには一貫性や事実・真実が求められる。その点を踏まえて課題を洗い出し、長所は生かして弱点をカバーする流れを考えないといけない」と述べるのは、広報コンサルタントで日本リスクマネジャー&コンサルタント協会副理事長の石川慶子氏。意外と多いのは、パワーポイントの資料は用意しているが、原稿を用意していない、あったとしても事前に読んでおらずスピーカーの言葉になっていないことだという。

「原稿がなくてもよどみなく説得力のあるプレゼンテーションができるのは、ごく一部の経営者のみ。自身のスキルを過信しないで、秘書課のスタッフや会見に同席する司会者と一緒に練習してほしい」と石川氏は指摘する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
無敵の話し方
避けるべき「4H」
『トヨタの会議は30分』著者が解説
会議|意思決定、アイデア出し、進捗管理の3会議
二重敬語に要注意
会見|「謝れば収まる」は錯覚
インタビュー/国際ネゴシエーター 島田久仁彦
交渉|相手の言い分をよく聞く
インタビュー/ジャパネットたかた創業者、A and Live代表 髙田 明
営業|「クッション言葉」と「拡大質問」を駆使
声までよくなる話し方レッスン
ビジネスケース別「ちょっとした一言」
雑談|チームになぜ雑談は必要か
意見提案|「今お忙しいですか?」は禁句
評価面談|まず褒めて最後も褒める
インタビュー/『人は話し方が9割』著者が助言
褒め方&助言|「本音」 「納得」を引き出すトヨタ式
言葉は人生を変える
プレゼン(実践編)|「TEDトーク」最高のプレゼンはここが違う
あのとき語った!あの人による
ソニー歴代トップの元スピーチライターが伝授
インタビュー/作家・元外務省主任分析官 佐藤 優
聞き手とつながるには「共感と信頼」が最重要
「世界最高の話し方」著者による話す力の特別講義
GWこそ「無敵の話し方」をマスターするべきだ
プレゼン、営業向けなど12の会話術をレクチャー
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内