有料会員限定

進行役はまず熱量管理、発言は主体性を持って 会議|意思決定、アイデア出し、進捗管理の3会議

印刷
A
A

『amazonのすごい会議』著者が明かす、これが効率的な会議の要諦だ。

(ソライロ / PIXTA)

特集「無敵の話し方」の他の記事を読む

会議での議論を活性化させ有意義な場にするためには、ファシリテーター(進行役)の役割がたいへん重要だ。会議全体が冷めすぎも熱しすぎもしないよう、熱量(雰囲気)をいかにコントロールしながら進めていけるかが腕の見せどころ。会議の成否は、ファシリテーターの運営次第で決まってくる。

意思決定会議

議案の説明から入るのが一般的だが、アマゾンではその場で議案資料が配付され、それを各出席者が最大15分間かけて黙読するのが通例。その間、質問はいっさい受け付けない。出席者全員に議案内容をしっかり把握してもらい、黙読後に質問や議論に移る。

議論がうまくかみ合っている間はいいが、意見が分かれて議論が熱くなり収拾がつかなくなったとき、ファシリテーターは「ちょっと冷静になろう」と声をかけて熱を冷ます。一歩引いてお互いの主張を聞いてみることが求められる。高台に上がってみんなの動きを俯瞰する会議運営手段の1つで、アマゾンでは「バルコニー」と呼ぶ。これにより今までとは違う観点へ議論を導ける。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
無敵の話し方
避けるべき「4H」
『トヨタの会議は30分』著者が解説
会議|意思決定、アイデア出し、進捗管理の3会議
二重敬語に要注意
会見|「謝れば収まる」は錯覚
インタビュー/国際ネゴシエーター 島田久仁彦
交渉|相手の言い分をよく聞く
インタビュー/ジャパネットたかた創業者、A and Live代表 髙田 明
営業|「クッション言葉」と「拡大質問」を駆使
声までよくなる話し方レッスン
ビジネスケース別「ちょっとした一言」
雑談|チームになぜ雑談は必要か
意見提案|「今お忙しいですか?」は禁句
評価面談|まず褒めて最後も褒める
インタビュー/『人は話し方が9割』著者が助言
褒め方&助言|「本音」 「納得」を引き出すトヨタ式
言葉は人生を変える
プレゼン(実践編)|「TEDトーク」最高のプレゼンはここが違う
あのとき語った!あの人による
ソニー歴代トップの元スピーチライターが伝授
インタビュー/作家・元外務省主任分析官 佐藤 優
無敵の話し方
12のスキルを完全レクチャー!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内