有料会員限定

1分で心が震えるパワーフレーズ 言葉は人生を変える

印刷
A
A

稲森和夫、秋元康、為末大…。3000人超の取材を通じ筆者が聞き出した14人の「パワーフレーズ」。

(TrifonenkoIvan / PIXTA)

特集「無敵の話し方」の他の記事を読む

『苦労や試練に直面したときは、自分は幸運だ、と思えばいい。』

── 稲盛和夫 京セラ名誉会長

苦労の連続だった。中学受験に失敗、結核を患い、空襲によってすべてを失い、大学卒業後も不況で就職すらままならなかった。入った会社はたいへんなボロ会社。赤字、労働争議は頻発、給与は遅配。同期は次々に辞めていった。しかし、世間を恨んでいても仕方がない、と稲盛さんは未来を信じて仕事に打ち込んだ。すると、すばらしい実験結果が出た。

「人生の命運を分けたのは、運不運ではなく、心の持ちようだったのです」

苦労があったからこそ、起業につながった。納得のいく人生を送ることができた。

「だから、試練に遭ったときには、むしろ幸運だと思ったらいいんです。その意味は年をとってから必ずわかります」

『トップは「真剣の勝負」であり、ナンバー2以下は「竹刀の勝負」である。』

── 古森重隆 富士フイルムホールディングス前会長兼CEO

社長に就任した2000年、業界1位のシェアを持っていた写真フィルム市場はピークを迎えた。その後は年率20〜30%の勢いで猛烈に収縮し、10年後には世界の総需要はかつての10分の1にまで落ち込んでしまう。売り上げの6割、利益の3分の2を占めていた市場のほとんどが消失したのだ。ところが、07年、史上最高の業績を記録する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
無敵の話し方
避けるべき「4H」
『トヨタの会議は30分』著者が解説
会議|意思決定、アイデア出し、進捗管理の3会議
二重敬語に要注意
会見|「謝れば収まる」は錯覚
インタビュー/国際ネゴシエーター 島田久仁彦
交渉|相手の言い分をよく聞く
インタビュー/ジャパネットたかた創業者、A and Live代表 髙田 明
営業|「クッション言葉」と「拡大質問」を駆使
声までよくなる話し方レッスン
ビジネスケース別「ちょっとした一言」
雑談|チームになぜ雑談は必要か
意見提案|「今お忙しいですか?」は禁句
評価面談|まず褒めて最後も褒める
インタビュー/『人は話し方が9割』著者が助言
褒め方&助言|「本音」 「納得」を引き出すトヨタ式
言葉は人生を変える
プレゼン(実践編)|「TEDトーク」最高のプレゼンはここが違う
あのとき語った!あの人による
ソニー歴代トップの元スピーチライターが伝授
インタビュー/作家・元外務省主任分析官 佐藤 優
無敵の話し方
12のスキルを完全レクチャー!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内